ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
ビーナッツ in 仙台(8月4日)
実家に帰省したついでにビーナッツに行く。それにしても暑い。ルートエリアも人が登ってない。私はボルダーエリアへ。主にH課題を片っ端から登る。荻窪Bパングレードで4級〜3級くらいであろう。17時なると、仙台に今年引っ越してきたクライミング仲間のI本さん登場。こちらの状況や他の仲間の状況などについて話す。I本さんは2週間に1回くらいのペースで来ているということだったが、登りは以前のように力強く、H課題よりも全然難しいT課題△課題をがんがん登っていた。強い!本人曰く、体重が4kg減ったのが効いているということだったが、それだけじゃないでしょう。私の方は2時間ちょっとでH課題を10本くらい登って終了。かなり楽しめた。次回(?)はT以上をやろう。I本さん頑張ってください。今度はルートもやりましょう。
ロックスケイプ 福井(6月28日)
出張の用事が終わると同時に、事前に調べていたジムに直行する。会場から歩いたら、30分近くかかってしまった。福井のロックスケイプは、駅からは5kmくらいの静かな場所にあった。ジムは結構広い、総面積は荻窪BPUMPくらいあるのではないか?課題は6級までがテープ課題で、それ以上はファイル課題。なんか怪しいなと思ったら、やっぱりグレーディングが厳しい(これが正常?)。4/5級が一撃できず、やっと3本くらい登って、登れないのもあった。4級になると歯が立たないムーブがでてくる。このジムのオーナーは、2005年のB-Sessionの女子の年間チャンピオン、なかなか洗練されているジムなのではないでしょうか。2時間半くらいやって、5級も登れなくなって終了。今日も結構疲れました。ボルダー力の不足をまたまた感じた日でした。
ベルリンマジックマウンテン(5月24日)
ベルリンに海外出張中、仕事の合間をぬってクライミングジムに行ってきました。行ってきたのはゲスンドブルーネンという駅から歩いて5分ほどのマジックマウンテンというクライミングジム。このジムは結構充実していて、広さやルート数はパンプ2よりもあるような気がする。高さも今のパンプ2より絶対ある。但し、ボルダーエリアはちょっと狭いかも。5日ぶりにボルダーを3時間ほどやった。下のマットが思ったより硬かったので、上の方でなかなか思い切った動きはできなかったが、いろいろな課題が設定されていて、なかなか楽しめた。ルートをやっていればもっと充実したであろう。

ベルリンマジックマウンテン正面
マジックマウンテンの外観

ベルリンマジックマウンテン中
マジックマウンテンの室内ルートの一部。左奥に長く高いルートがある。右下がボルダー。この他、手前の方にもルートの壁がある。広い。
沖縄ボルダー
沖縄出張が急遽決まり、折角の機会なのでついでに沖縄のボルダーエリアに行く。場所は最も面白そうで有名な具志頭エリア、元同僚の運転で午後2時頃到着。金曜の平日の午後だったこともあってクライマーはわれわれの他にはいない。しかし、今日は運悪く沖縄にしては寒く、風も強かった。トライした結果は次のとうり。
ゴーヤー岩
- 無名ルート 5級 ○
- さんぴん茶 3級 ○
- ゴーヤ茶 3級 ○
フリクション最高!!
チョックストーン
- チョックストーンアタック 初段 ×
いくら下が砂地でも背中から落ちると痛い。打ち込むにはマットが必要。
ザルーフ
- バットマントラバース 3級 ×
- ひらたけ 3級 ×
ラインがどうもよくわからない。
奥ゆんたく
- カンテ 1級〜2級 ×
- トラバース 4級 ○
カンテはできそうなのだが、最後が怖い。
パイン岩
- がまく 3級 ○
- タコライス 4級 ○
- ルート名不明 1級 ×
1級を登りたかった!次回こそ。

噂どうりホールドはガビガビ、テーピングで指をほとんどカバーして登らないとならない。3級(ちょっとあまめかも)まではどうにか登れるのだが、2級以上になるともう少しムーブを考えたり、他の仲間とやりながらでないと厳しい。しかし、どっかぶり(というかルーフ)が多くとても面白い。帰りの飛行機の便に間に合うよう5時くらいには切り上げて空港に向かったのであった。
具志頭 2007 Feb
ビーナッツ(9月18日 3H)
帰省したついでに仙台のビーナッツへ。ボルダーのみトライする。H課題は5級〜4級とのことだが、難しい課題はBPUMPの3級はありそうに感じる。それより難しいT課題は結局ひとつも登れなかった。T課題の数が少ないのが残念。
ファイブテンカップ

一昨年スピード競技のため予選通過しなかった息子が再度コンペに挑戦してみるというので、
新パンプ2でのファイブテンカップにエントリーさせた。クラスはミドルAで前回よりも1クラス上であるが、受験勉強と身長・
体重の増加による反動で前回と実力的には変わらなかったかもしれない。案の定大体予想どうりの結果に終わった。
ミドルAの目安は11aオンサイトであり、それは確実にこなせる実力はあったのだが、それより上のルートでの経験、
RPがあまりにも少なかったのであろうし、いつものことではあるが、
1クラス落として参加してくる上位狙いのクライマーには及ばなかったということであると思う。実力は十分出し切ったと思う。
ボルダーも本気でやれば結構登れるようだ。今回も悔しい思いをしたようだが、モチベーションは俄然上がったようだ。


hspace="0"
src=
"http://gtotak.cliff.jp/blog/media/img_20060603T214954718.JPG"
align="baseline"
border="0" />


京都CRUX
火曜から出張、水曜は5時には自由の身になったので、京都駅近くのCRUXに行ってきた。初め入り口がわからず隣接するジムの受け付けのきれいなおねーちゃんに場所を聞く。行ってみると、こりゃわかんねーよ、みたいな建物の細い裏道を通って地下の入り口に到達、受け付けでちょっと高いビジター料金を払って着替える。広さはBPUMPよりちょっと小さいくらいで登るには十分。壁の形状も3次元的で面白い。6,5級でアップし、4級の課題をできるだけ多く登る。グレーディングはBPUMPの4級とほぼ同じくらいと感じた(但し、BPのお買い得4級よりは難しい)。4級をトータル10本くらい登ったところで2時間ちょっと過ぎ、帰りの新幹線に間に合う時間にCRUXを後にした。
シアトルREI(5月12日)
出張が一緒の元クライマーMさんとREIに。今回は5ドルなので3本登った。5.9でアップし、5.11Cに挑戦、しかしこれがやはり難しかった。1回目は中間部の核心でフォールし、次にハングを超えたが最後のフェースの核心部分のホールドが甘く、トップアウトできなかった。2本目も中間の核心部分のクロスムーブができず、時間もあまりなかったのでそのまま降りてしまった。日本だったら12aくらいあるような気がした。REIのピナクルは岩場のようなホールドが多く、面白かった。Mさんは5.8をOSしたが、大分前腕が張ったようだ。
pinacle1.jpg
ピナクル全景
pinacle2.jpg
核心部分。クロスが遠い。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.