ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
北川の岩場 (5月5日)

錦ヶ浦を3トライ。前回よりも下部がぬめる。もうそろそろ終わりかな。
岩場ではD-suke氏にお会いしてリボルトの話をいろいろ聞くことができた。
4時頃から雨が降り出し早めに終了。

北川の岩場 (4月29日)
あとで。
北川の岩場 (11月24日)
今日も先週に引き続き北川の岩場、メンバはいつものきんさん、Mよっち、たいちくん。岩場には8時頃に到着する。勿論誰もいない。昨日ほどの寒さではないようだが、岩場に着いてみるとやはり寒い。岩も冷たい。今日の目標は先週登れなかったルンルンヒロシ君、まずは5.8のルート2本でアップして11時頃に1便目を出す。幸い、下部には錦ヶ浦トライのたいちくん、上部は秋葉大権現トライのきんさんがヌンチャクをかけてくれた。岩が冷たいがいけるところまでいこうと思い、スタートする。ムーブは先週たいちくんのアドバイスを基に組みなおしていて、はまればいけるかもとの期待もあった。登り始めると結構いけるではないか、下部核心のシーケンスに入ってからはあれよあれよと抜けることができた。やった、もうここからは落ちれない。しかしレストポイントのガバで指が冷える冷える。上部は普段は簡単なのだが、指の感覚がなくなってきて結構危ない箇所もあったが、なんとか終了点を乗り越してRP。なんと一便目で登れてしまいました。コンディションの悪い7,8月にトライした5便も入れると11便かかってしまった。さて、次に何をやるか大分迷ったが、2年半くらい前に手を出して、そのまま登れずにいた名無しのゴンちゃん11dをトライすることにした。1便目:ムーブ探り、少しは覚えていました。2便目:今年最後の北川でのトライと思い、頑張りました。RPゲットです。今日は先週よりは大分調子がよかったようです。
きんさんは秋葉本当に惜しかったです。Mよっちは謙譲の美徳をRP。ムーブ的には問題なかったようです。たいちくんは本日4便目(ヌンがけ含む)で見事錦ヶ浦をRP。ノルマ達成とのことでした。本日もおつきあい頂いた皆様ありがとうございました。

謙譲の美徳 Mよっち
謙譲の美徳のMよっち、この後トップアウトして次便でRP。理由あって拡大してその雄姿をお見せすることはできません。

ルンルンヒロシ君 ゴン助
ルンルンヒロシ君下部の最初の悪いムーブが始まるところ。
錦ヶ浦 たいちくん
錦ヶ浦でレスト中のたいちくん。この態勢かっこいいね。

秋葉大権現 きんさん
秋葉大権現を登るきんさん、岩を暖めてくれるはずの陽ざしが却ってじゃまになってしまったようだ。

名無しのゴンちゃん
名無しのゴンちゃんを登るゴン助 <写真 by きんさん>
北川の岩場 (11月17日)
約一ヶ月ぶりの北川、メンバーはいつものきんさん、たいちくん、Mよっち。今日の天気予報は雨ではないのだが、冷え込みは厳しいとのこと。その予報どおり寒く岩が冷たい北川の岩場であった。
私の方は、6月くらいからの宿題のルンルンひろしくん、前々回でムーブを決め、前回でかなりいい手応えを得て、今日はRPするつもりで来たのであった。1便目は、ムーブ確認(のつもりだった)、しかし岩が冷たすぎる。ムーブも前回ほどきまらない。岩が冷たいせい?と思って上まで抜けて降りる。2便目は核心部デットで左カチが抜けてしまい、フォール。その後も同じムーブをやるがうまくいかない。あれ〜、なんでできないの?前回はできたのに?いつもより粘りがないな。最近あまり登ってないせいか?。。。それとも先週腰を痛めたせいか?。。。たいちムーブもやってみるがやはり前回決めたムーブの方がいい感じである。下半分をやって降りる。3便目:同じ核心部分でムーブが起こせなくてテンション。んー。もう1回ムーブ探り。落ちたところは、たいちくんのように、左カチは諦めて右カチを左手で、次に小デットで右カチを取りに行った方が確率は高いが、その後の足の運びに力を使う。でもたいちくんのアドバイスを参考にしてよさそうなムーブを作る。4便目:たいちムーブにしてやっと核心越え、核心クリップは右手ガストン、しかし、その後上の左手小カチからのムーブで力尽きる。またムーブ探り、結局、左小カチは使わず、その手前でマッチしてから次のムーブを起こす方がよさそう。次回はこれでいこう。それと次回までにもうちょっと登っておこう。
きんさんは秋葉大権現をトライ、さすが普段ボルダーで鍛えてあるだけに強い、次回はいけるでしょう。まさよっちは謙譲の美徳にトライ、登るとうより怖さが先行しているようだ。たいちくんは錦ヶ浦、私の苦労しているパートは完璧、持久力勝負になっている。次回はきっとさっくりいくでしょう。今日もおつきあい頂いた皆様ありがとうございました。

謙譲の美徳 Mよっち
謙譲の美徳の核心に突入するMよっち

秋葉大権現 きんさん
秋葉大権現の出だし核心部分に入るきんさん。普段ボルダーで鍛えてるだけに素晴らしい身体張力と力強さだ

錦ヶ浦 たいちくん
錦ヶ浦上部被ってる部分を登るたいちくん。今日中に登るだろうとみんな思っていたが。。最近長いルートは登っていなかったせいか?
北川の岩場 (10月21日)
今週も日曜に週末クライミング、今回もたいちくんが付き合ってくれることになり、先週の続きをやりに北川の岩場へ。今回もまったりと、電車と歩きで岩場に到着。すると、先週ちびCさんと思われた人からゴン助さんですか、と聞かれる。お互いブログをチェックしていたようだ。今日の目標ルートは先週と同じく秋葉大権現12bだ。ずーッと左の5.8くらいのルート2本でアップする。その後、たいちくんが秋葉大権現にヌンチャクをかけにいく。彼は先週、秋葉を既に登っているのだが、マスターで登るとどれくらい難しくなるのか試したかったようだ。あれよあれよ、というまにそのまま終了点へ。先週の小川山、昨日のカサメリでの疲れを感じさせない見事な登りでした。本人曰く、”マスターでもそうでなくてもそんねにかわんねーよ”とのこと。さて私の方はというと、マスタートライなどする気はさらされなく、おまけに2ピン目(最下部のスリングビナの次)にプレクリしてスタート(だって、怪我したくないんだもーん!)。1便目:先週作ったムーブでのっこし成功、しかし、その後の核心、右ガストンが取れずフォール!乗り越す時に1回ふられそうになったのが利いたか?その後、4ピン目後の左ガストンを取るところを改良しようとしたが、結局元に戻る。なんか今日はジムの疲れが残っている感じがする。先週より感触がよくない。2便目:のっこし成功、次の核心も成功。もう落ちれない。3ピン目直下のガバでレストし、4ピン目のクリップもなんとか成功。その後の左ガストンをデットする時は思わず声が出てしまった。ここもなんとか保持し、後は最後のガバ地帯でレスト。ここまでくれば大丈夫、後は慎重に登って無事終了点へ。なんとか登れました。最近調子がいいのか、気合が入ったか、今回も前回のペガサス同様うまくいきました。その後、ルンルンひろしくんに1便出す。やはり8月にトライした時と比べるとフリクションは全然いい。クリップが難しいと言われる3ピン目も普通にクリップできた。岩と気候は今が最高なのかもしれない。ルンルンも俄然面白くなってきた。できれば次回に登ってしまいたい。たいちくんもルンルンひろしくんにトライ。次回はきっと1撃でしょう。
帰り際にハプニング発生。西吾野駅に着いて携帯がないことに気づく。しょうがないので空身で岩場に戻る。必死に探すが、見つからず。んー、携帯が電波の届かないところにあるようなので、草むらかどっかに落としたのか。。。というわけで、私に連絡を取りたい方、携帯の電話、メールは多分、数日(かもっと?)通じません。Yahooのメールアドレスに送ってください。すみません。トホホ、
北川の岩場 (10月14日)
今週は風邪をひいてしまい、クライミングは少しでも体調が回復してそうな日曜とした。幸い、たいちくんが付き合ってくれることになり、近場の北川の岩場に行くことにする。今回は電車で西吾野駅、そして歩いて岩場へ。岩場には既に2パーティーほどがアップを始めているところだった。今日も場所こそ違うが、先週同様、岩のコンディションはいい。アップルートが混んでおり、たいちくんが秋葉大権現12bをやるので張子の虎10dを登ってヌンチャクを掛けに行く。しかし、このルートくせものであることは聞いていたが、たいちくんにしてもかなり力を使わせられたようだ。続いて私のトライ、心配はしていたが、のっこしでヒールが外れてしまいフォール。あらら、、すぐやり直し、今度は慎重にヒールを決めてのっこす。あとはガバなのでそのまま抜ける。ホールドがぬめってなければ登れるが、ぬめってたらかなりつらいでしょう。でもアップで下からやるルートではないということで、たいちくんと意見が一致。その後、宿題のルンルンひろしくんをやるか秋葉をやるか迷ったが、ルンルンにはヌンチャクがかかり、秋葉より左のルートは混みそうな雰囲気だったので秋葉をやることにする。1便目:心配していた出だし。リップの水平ホールドを取れるのだが、完全にガバを捉えられない。何度かやってガバまで取れるが、その後ふられてしまう。しょうがないので水平ホールドを取ったところからスタートする。やはりのっこした後の右ガストンをデットでとりにいくところがつらい。その後は4ピン目のクリップがポイント。ここはヌンチャクよりすこし左上のカチでクリップした方がよい。その後は左にガストンデットをするところがあり、ここで力を使うが、ここを越えれば、後はガバなので終わったも同然。2便目:下部のムーブ探り。リップの水平カチを取りにいくところは、最初は左足は高めでなくともよく、右足を高めにして、羽アンダーを左手で効かして左足を上げる。するとリップの水平カチがほぼスタティックに取れることがわかった。その後、下から通して水平カチ、クロス後、次の左カチガバを取るところで落ちる。3便目:何回かやるが前便の到達点まで延びない。4便目:前回より延びる。ガバカチまで取れた。水平カチからは、右足を右手下のフットホールド、左足をその左のフットホールド(羽の上)に置き、右足トゥーフックで挟み込んで水平カチでマッチするのがよさそうだ。しかし、ガバカチからの一手が本当の核心だ。後は上まで抜けて、ヌンチャクを回収して終了。次回も下部のムーブ改良が続くかもしれない。でも大分いける気がしてきたのでうれしい。たいちくんは昨日有笠で登ったにもかかわらず、今日の3便目で秋葉大権現を見事レッドポイント。強ーい。下部のムーブも問題無しで見事な登りでした。ちなみに彼の感触では、お買い得12bだそうだ(ホントか??)。NDDよりは全然簡単らしい。私の方は、次回からがまた楽しみになってきました、というところか?
北川の岩場 (8月11日)
今日は高速は大渋滞であろう、ということで近場の北川に。。メンバは、いつものきんさん、Mよっちにコータローのあにき。諸般の事情で電車徒歩で現地で合流することに。西吾野の駅を降りた瞬間、涼しいと思ったが、岩場に着く頃は汗だく。気になる岩の状態は、ちょっとぬめっている感じがした。私は前回宿題のルンルンか秋葉か、どっちにするか迷ったが、結局ルンルンをやることにする。そして、、、結局3便出して、ムーブはほぼ固まる。前回より大分進歩したので、やはり前回はホールドがかなりぬめっていたような気がする。3便目は薄カチにおいて、スポンと抜ける、保持できなくなる、現象が多発。これは指皮が減って指紋がうすくなったことにより指のフリクションがなくなり、それと同時に手からの汗が全体に拡がり(通常は指紋の山の部分に汗が保持され、ものに吸い付き易くなる。今日その辺のメカニズムをTVでやっていた)より滑りやすくなったためと考えられる。これはどうしようもない。この現象が出てきたら難課題はさっさと諦めた方がいいのだろう。結局、ルンルンは、あとは繋げるだけなのだが、2ピン目(ハンガーの)直前のガバカチを取るためのクロス、とその後の右カチへのガストンデットが厳しく、その後の3ピン目のクリップ(ここはまだうまくできてない)も問題だ。さらに4ピン目のクリップをした後もちょっとしたデットをしないと大ガバが取れない。疲れていてできるか?細かい修正がきっと入るであろう。あと3日くらいかかりそうな感じがする。しかし、これができた後に秋葉をRPできるくらいになれば、有笠の予感なんかもRPできるようになるのではないかと思う。精進、精進。次回からは、グリーンオニオンの部分のムーブ確認をして、いよいよRP態勢にもっていきたいものだ。こーたろーさんは、この酷暑の中、見事にミンボーをRP、すごい。きんさんも秋葉大権現をトップアウト。Mよっちは体調がいまいちだったようだ。今日もおつきあい頂いた皆様ありがとうございました。
北川の岩場 (7月1日)
本当は土曜に岩場に行くはずだったのだが、金曜の帰りが遅くなり、急遽日曜に変更。幸いTKさんが近場の岩場につきあってくれることになった。向かったのは北川の岩場、この時期はもうシーズンではないかもしれないのだが、だめだったら小岩井サンセットロックに行こうということにした。岩場に着いたのは9時過ぎ、岩場は誰もいない。岩はやはりからからではなく、少ししっとりしてる。被ってない面は昨日のにわか雨の影響で濡れている。登れそうなので、早速、5.8,10bでアップ。今日は他のクライマーは来そうもないので難しめのルートに触ってみることにする。ということで始めは秋葉大権現12b、出だしが悪いと聞いてはいたが、噂どうり悪い。いんちきしながら上まで行こうかと思ったが途中で止める。敗退。出だしができないとお話にならない。帰宅後、とある動画を見たらあそこはどうも足を上げてたち込むらしい。んー、できるか疑問?次にルンルンひろしくんにトライ、こちらも噂どうり錦ヶ浦12cと重なる下部が悪い。当初、2ピン目までのムーブができたと思ったのだが、繋げてみるとうまくいかない。というか、やってる内に全身汗だらけになると、手汁が出てきてカチホールドが止まらなくなると同時にホールドがぬめってきてしまう。これによりカチがムーブの際に外れることが再三起こった。少しずつ間を空けて何度もやるしかないのだろう。やはりこの時期、涼しい小川山やカサメリの方がベターであろう。結局、ひろしくんは2度トライしたが、下部ボルダー地帯のムーブは固まらなかった。足のフリクションもぬめってきかないような気がした。しかし、このような薄かぶりのボルダー地帯は自分の苦手系なので、今後のよい目標ができた感じだ。最後に10cをやって終了とした。TKさんは、謙譲の美徳を見事2撃、次には北洛師門をトライしていた。進捗著しいですね。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.