ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
小川山 2日目(7月18日)
 どこのエリアに行くか、ちょっともめたが、結局、つっちーさんがやりたいブルースパワーのあるマラ岩に行くことになる。10年間クライミングやって今日初めて小川山のマラ岩に来ました。見栄えのするルートが多いね。特にエクセレントパワーの壁はすごいの一言。ミキちゃんがロッキーロード12aやってました。ヌメル中、よくやるね。えらい。

川上小唄 5.9 FL 出だしのスラブでちと迷う。

イレギュラー 10d FL 一箇所遠いムーブがあった。フットホールドがふんだんにあるので10dなのでしょう。

ブルースパワー 11c 噂に聞いてたとおり、出だしはプレクリップしないと怖い。2〜3ピン間もランナウトしてて怖い。4, 5, 6ピン間が核心。ここは11cにしては細かいし、足もあまりない(ヌメル)。最後もランナウトしてて怖い。怖いだらけ。

ブルースパワー 11c 4ピン目までは慣れてきた。2撃狙ったが、1便目でできた核心ムーブができず、あえなくテンション。もう力が残ってませんでした。日がじりじり照る中でのビレイで体力を消耗してしまいました。それにしてもルーフ越えの丸ホールドがぬめる。丸ホールドの後に細かい使えそうな縦カチ発見。最後のランナウトセクションも間違って右行っちゃったのでかなりやばかったが、何とか抜ける。これは秋か春じゃないと数便で登るのは無理だ。回収して終了。

久しぶりの小川山は疲れました。帰りは中央道がすごい渋滞でした。お盆に来るのも大変そう。
カサメリ→小川山 1日目(7月17日)
 3連休の初日はカサメリ、2日目は小川山の予定で西国分寺でつっちーさん、M姐さんと待ち合わせて出発。しかし、中央道はひどい渋滞。6時待ち合わせ・出発ではやはり遅かったようです。
9時過ぎにカサメリ沢に着いてみると、どこのエリアもびしょびしょ。モツランドも全滅で結露のようです。いつまで経ってもは引きそうにないので小川山に向かう。
小川山は晴れていて全然問題ない。M姐さんの希望で兄岩に向かうが、途中、道に迷う。しかし、なんとか兄岩に1時過ぎに到着。いきなり ”森の緑に囲まれて”11bをトライする。このルート、去年、お盆小川山ツアーの2日目に来て登れなかったルートだ。その時は、ジムでガバルートやってばっかりで3ヶ月ぶりの岩場だったせいか、カチというか豆ホールドが持てず、核心のムーブができなかった。今回改めてこのルートを見上げると、なーんだ全然被ってないじゃん。去年来た時は随分難しく感じたものだが。

森の緑に囲まれて 11b 1回目:ヌン掛け、核心でやっぱり落ちた。しかし、2回目で成功。結構持てるね。最近、ルート以外にボルダーもやってるせいか?それとも月に1回は外岩に行くようにしているせいか

森の緑に囲まれて 11b 2回目:核心も1回で越えてRP。やっぱり11bだこりゃ。登ったらなんでも言えるけど

北条カンテ 10b:このルート、去年来た時はムーブがわからんかった。でも今回は解決しました。右手ガストン、左足乗り込みで左カンテをぱんぱんはたきながら登ります。わかればそんなに難しくない。でも10cくらいでいいんじゃない?夏だからかな?この辺の岩は妙に磨かれていて滑ります。それにしても2ピン目掛ける時は怖かった

本日はこれにて終了。ナナーズ行って、川上村の風呂に入って、ふじもとで食事してテントに戻る。それにしてもテントの数がはんぱじゃない。お盆になると家族連れのキャンパーも来るから大混雑になるぞこれは。


小川山 (11月8日)

 これが本当の今年最後の小川山。行きの車中からの八ヶ岳がきれいだった。そしてナナーズ近くで正面に見える山(男山、天狗山)のすそに拡がるカラマツが小金色に紅葉していて、これは圧巻、写真に撮っておけばよかった。あとで後悔。さて、廻り目平に到着すると、駐車券が出ない。仕方が無いので、そのまま通って事務所で聞いてみると、もう営業は昨日で終了したので駐車料金も取らないとのこと、但し、水洗トイレ、シャワーはもう使えない。水は行きは出たが、帰りは水も止められていた。小川山の紅葉はもう殆ど終わったようだ。低いところにのみ紅葉が広がる。
さて本日は小暮大サーカスをやっとこ登って、ダーククリスタルを登ってパートナーのトライするチキチキバンバンにヌンチャクをかけたのみ。後は昨日の疲れで終始昼寝、そしてパートナーのビレイに専念しました。また来年、今度はマラ岩とか行ってみたいなぁ。。。


もうひといきです。

小川山 (10月12日)
 今回も小川山。前回風邪で1便しか出せなかったカブトムシをトライしました。さすがにこの時期はコンディション良好です。言い訳は一切できません。紅葉もだんだんきれいになってきました。
続きを読む >>
小川山 (10月4日)
 今週も小川山に行って参りました。
続きを読む >>
小川山2日目 (9月22日)
 朝起きると今日も天気がよさそうだったが、それもつかの間、今日は日差しが殆ど出ない1日だった。カブトムシやチキチキバンバン登るには最高の日でしたね。



続きを読む >>
小川山 1日目(9月21日)
 一部の方々の期待を裏切って今年3度目の小川山参上です。今日は2峰の働けロッククライマーをトライしました。
続きを読む >>
小川山 (8月12, 13日)
 5月10日以来の外岩クライミング、実に3ヵ月ぶりである。登れねぇーだろうなー、と思って行ったらやっぱり登れなかった

続きを読む >>
小川山 (5月10日)
やっと更新する気になりました。
んで、ほぼ2年ぶりに小川山に行ってきました。
続きを読む >>
小川山(6月10日)
昨年は肘を痛めて小川山のシーズンを逸してしまったため約2年ぶりの小川山にやってきた。メンバーはわたしをふくめていつもの6人。私は行ったことのない2峰に向かった。
(1) 甘食 10a FL
小川山の定番、スラブ。でもガバが多い。上の方にいくとホールドがなくなりスラブに立ち込まないとならない。ここはどうにかがんばる。小川山に来たという感じがする。
(2) ソラマメハング 10d FL
これは得意系。がんがんひきつけて登る。上もガバ。10cになるらしい。
(3) チキチキバンバン 11b 多テン
FJさんがトライするかぶとむし12aをやることも考えたが、2年ぶりに花崗岩を触っていきなり12aはとても自信がなかったので、K野さんたちが後でやるというこのルートにとりついてみる。下から見ていたとうり上部のトラバースがやはりいやらしかった。1回目はここでフォール。なんとかムーブを見つけて通過したが、その後はカチの連続、ヌンチャクも腰のずっと下になり、怖い、怖い。終了点について一安心。もう1回やることを考えると気が重くなった。
(4) チキチキバンバン 11b RP
トラバースの出だしのムーブで2,3回迷ったが、ムーブ後、振られるをこらえ、第1核心通過。その後のトラバースはヒールも決まり、その後恐怖に耐え、カチをつないで終了点へ。こういうのは得意ではないのでとてもうれしかった。
(5) 働けロッククライマー 12b 敗退
たいちくんの勧めでとりつくことにした。ZCCの方のヌンチャクをお借りしてやってみるが、離陸ができない。2手目に届くのだが止まらない。後で考えると、取りに行った手(右手)とは逆の手の引き付けとタイミングが悪かったように思う。右手がかりに意識が集中し、左手に力が入っていなかったように思う。これはボルダーでもよくあることなのだが。その後は最後のキョンができず、待っている方もいるので途中で止める。久しぶりの敗退。後でZCCの方のこのムーブを見ると、体を左に大分傾けて、右足をかなり高い位置にもっていってた。んー、なるほど。次回またやりたくなった。でもこのルート、殆どボルダーだな。。
(6) スラブの逆襲 11c テン山
11cのスラブなど考えも及ばなかったが、きんさんの勧めでやってみる。しかし、、案の定、難しい。でも本当に難しいのは1箇所だけ。でももうちょっとムーブを考えないと簡単にはRPできそうにない。最後の方は、足首が疲れてしまって、ヌンチャクを掴んで終了点へ。

久しぶりの小川山は十分満喫できた。11bがいきなりできたのはうれしかったが、反面ちょっと悔しい思いもしてモチベーションがまた上がったのであった。FJさんはかぶとむしをRP、さすが。、たいちくんのエンドルフィントライは見ていてこちらも力が入ってしまった。
また機会があったら行ってみたい。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.