ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
神戸の岩場(11月14日)
 先週は風邪でボロボロ。今週は金曜くらいから回復した。そして今週末は近場の神戸の岩場、T屋さん、H本さん、M輪さん、K室さん、と車2台で到着。岩場に着くと前回ご一緒だったパーティの方たち。出だし早いですね。岩場に着くと思ったより濡れている。台風の影響が未だ残ってるのか。

アップ
アルマジロ5.9
ガバ丸10a

本気トライ
.ラヤブリ12a H本さんがヌン掛けしてくれたので、いきなりRPトライ。しかし、第一核心で手順を間違えてフォール。その後、上部も含めてムーブ改良。
▲ラヤブリ12a RP、やっと登れました。何年超し?

オトシブミ11d 下部はびっしょり濡れている。レストポイントをスキップしてがんがんいったが、丸ホールドがネメってフォール。その後も上部ムーブ決まらず。抜けて終了、情けな。ほんと前に登ったの?

ダウン
もう一回ガバ丸登って終了。

今日は我々の他には2パーティ。御開帳はかなり難しそうでした。後からいらっしゃった開拓者のお一人のI山さんはさすがに力強い登りでした。

次回来たら御開帳ですね。ムーブ力が試されそうです。
神戸の岩場(10月24日)
 久しぶりに神戸の岩場にやってきた。前回は2007年、その前は2006年に来ている。この岩場は12aの長いルートがたくさんあり、二子の前のトレーニングにもってこいなのだが、危ういボルトが何本かあり、ちょっと心配だったので今まで遠ざかっていた。しかし、最近になって一部ボルトが打ちかえられているという情報を得て今回久しぶりにやってきたのだった。
 今回は、先週ご一緒したMさん、久しぶりのT屋さん、前々回河又以来のH本さんである。岩場についてみると先行パーティーがトライしているところだった。私の今回のターゲットであるカラヤブリは、過去の記録を見ると、2006年に4便、2007年の夏に2便出しており、重い宿題となっている。
まず初めにアルマジロ5.9とガバ丸10aでアップする。そしてカラヤブリの1便目:2007年に作ったメモを見ながらムーブ確認。下部は濡れているが、ムーブができないことはない。上部は乾いている。2便目:先行パーティががダブルRPをしたので、掛け替えのヌンチャクを7本持ってスタート。どんどん高度を上げ、あと1ピンだったのだが、最後のクリップガバが取れなくて痛恨のフォール。2撃失敗。この便では何回もレストしたので相当体力を消耗してしまった。案の定、3便目は到達高度が下がり、4便目は更に回収便となってしまった。

次回は多分再来週だが天気とパートナー次第。最近は5時になると結構暗いです。岩場は杉林の中なので暗くなるのが余計早いです。

フリクションはかなりよかったです。雨が降ると核心アンダーが濡れますからね。カラヤブリが2本続けて登れれば、おいしいよ、は登れるでしょう。







神戸の岩場 (9月9日)
土曜は通院のため、日曜に岩場。しかも手軽な近場な岩場に行けることになった。メンバはM池さんとsemiさん、semiさんとは初の岩場。当初は雨量の多かった奥多摩方面は止めにして、秩父の岩場辺りにしようかと思っていたが、待ち合わせ場所が武蔵五日市になり、まずは神戸の岩場に行ってみることになった。しかし、今日も昨日に引き続きとても暑い。アプローチの途中に岩場から降りてくる人を発見、岩の様子を聞いてみると、左のルートはOK、バブルスは濡れていて、12のルートは下が濡れているとのこと。まあー、とにかく行ってみることになった。岩場に着いてみると聞いていたとおりで、全体的に岩は、じとーッとしめっぽい。北川など他の岩場への転戦も考えてみたが、せっかく来たのだから、とにかく1本出してみることになった。1本目は、5.9でアップ、相変わらず、2ピン目と3ピン目の間が大きくランアウトしており、緊張する。次に10b/c、ここでは湿っぽいフットホールドの洗礼を受けてしまった。結構はった。アップしているうちにどこかの山岳会らしき方々の10名近いグループが到着、その後もクライミングジムのスクールの方達も現れ、狭い岩場がとたんに混みだす。私の方は、昼ごはん前にカラヤブリのヌンチャクがけを行いたかったので、陽が当る中、ムーブ思い出し用のメモを見ながら登る。下部は濡れていたが、これはいつものことで、ほぼメモどうりに登れるのだが、ラインを間違えたりして体力消耗。核心を抜け、最後のピンの手前でとうとう暑さに観念した。後をsemiさんにお願いする。かなりの消耗、やはりこのルート暑い時にやるべきではない。1グレードくらいの余裕がないと無理だよ。2便目は2時間くらい後に開始、未だ暑く、登っている途中で汗が滴り落ちてくる。最後のセクションもムーブの確認はできた。次回からはRP態勢だ。その後、スクールの引率者のS助さんがカラヤブリをトライ、オブザベもろくにしていないのに、余裕でOS(あたりまえか)、保持力と体の使い方、あしさばきが全然、我々と違う。とても勉強になりました。今日は厚さでカラヤブリは2便で降参。semiさんはリハビリと言いつつ、同じくカラヤブリをトライ、さすがの登りを見せていました。M池さんは前回からの宿題を1撃、次に10dとは思えない割箸を果敢にトライしていました。暑かったけど、充実したクライミングがおかげさまでできました。おつき合いして頂いた皆様ありがとうございました。

カラヤブリ核心
カラヤブリトライ中の私

クリップ
クリップ

S助さんカラヤブリ
S助さんのカラヤブリOS

M池さん割箸
M池さんの割箸トライ
神戸の岩場(12月10日)
前日に雨が結構降ったので不安だったが、FJさん、久しぶりのたいちくん、TKさんと神戸の岩場に向かう。途中、山にガスがかかっており少々不安だったが、途中から霧も切れてきて、とにかく見に行ってみようということになった。着いてみると前回よりところどこと濡れておりコンディションはよいとはいえないが、登れないことはないのでアップから始めることにした。5.9, 10aでアップして今日のターゲットのカラヤブリ12aにとりつく。1便目:ムーブを作りにテンションまじりに登っていく。核心部分は一箇所納得いかないところがあったが、他にいい手がみつからなかったのでそのままトップアウトして降りる。他の部分のムーブはほぼできた。2便目:どこまでノーテンでいけるか、のつもりで登る。しかし、さきほど納得いかなかったところでやはりフォール。そこでまた試行錯誤して結局ガストン攻撃でいくことにする。3便目:本気モードで取り付いたが、下部のびちょびちょ部分で足が滑る、こらえたが2便目までで結構疲れており、ダメージが大きい。その後は、また滑りフォール。すっかりやる気が失せてしまった。ヌンチャクを回収して終了。FJさんも核心びちょびちょ壁に苦労する。外岩ルート久しぶりのたいちくんは、自身がないと言いつつもおとしぶみ11dを3撃、やはり強い。TKさんは、割箸10dをRPする、思い切りのいい登りを見せていた。次回は私もがんばろう。今日もおつきあい頂いた皆様ありがとうございました。
神戸岩 12-10-2006
カラヤブリの中間核心部分突入する私。
神戸岩(11月19日)
今日は始めはFJさんのリクエストで中里の岩場に行く予定だったのだが、昼から雨との予報により最悪途中からジムということも考え、近場の神戸の岩場に行くことになった。メンバはFJ(B)さん、K田さん、TKさんと私の4人、しかし岩場に着くと8時頃とかなり早く着いたにもかかわらず、すでにミポリンやRUNOUT組の方々やZCCの方もいて岩場は盛況、後から神戸の主のY中さんも現れた。今日はいつ雨が本降りになるかわからないのでペースは早め、ガバ丸でアップした後、宿題のオトシブミにヌンチャクをかける。1時間ちょっと空けて2便目、Y中さんの指南で下部途中のレストポイントでがっち休むようにする。後は核心手前までするすると進むが核心の縦カチ前のいやらしいホールドで体が上がらずテンション、その後は問題なく終了点へ。やっとワンテンになった。降りがけにFJさんのやっていた核心のムーブをやってみるとこっちの方が全然楽、次回はこれにしよう。3便目、下部でちょっと力を使い過ぎ、核心手前まで結構疲れるが頑張って前回落ちたところを越える。後は右ガバを取ってクリップの後、薄い左カチから少し遠めのガバへ右手を出す。1回でガバは取れなかったがふんばってなんとかガバを取る。これを取れば終わったも同然、後は終了点へ。やっとRPできた。ムーブがわかればなんてことないんだが。。。午後の2時前までに限界ルート3便を出すという自分にとってはハイペース。4便目はからやぶり12aを触ってみる。核心部分もムーブはやはりY中さんの指南を受け、トップアウトする。一部はおとしぶみのムーブになるのでできる気がしてきた。次回はこれを落としたいものだ。FJさん、おとしぶみの最終トライは惜しかった。次回は確実でしょう。K田さん、TKさんも初めての岩場を満喫したようだ。雨は昼前からぱらぱら降っていたのだが、ルートは被っていたので登れないほど濡れず、結局十分登ることができた。ご一緒して頂いた皆様、今日もありがとうございました。
神戸岩 11-19-2006
FJさんのカメラで撮影
神戸岩
今日は久しぶりのメンバー、FJAさん、Kさん、Uさんと神戸岩に行く。アップ2本の後、おとしぶみをやる。1便目ヌンチャクがけついでに最後の核心部分のムーブを探る。K寄りさんの話では右縦カチから左足を上げで乗り込みながらガバを取りに行くということだったのだが、これが結構力が要る。最後でこのムーブはきつい。それよりは縦カチの右上方にあるガバを取りに行った方が楽なのでこちらに切り替えた。その後、用をたしに行った帰りに滑って転んで、かなり強く左手をついた時に掌の部分を切ってしまった。すこし深めに切ったらしく血が結構でて、傷口から脂肪のプチプチが見えた。あわてて戻って傷テープとテーピングで応急処置。ここでやる気消失。血が止まるのを待って、最後は殆ど回収便のつもりだったが、取り付くと意外と登れるので頑張ったが、どうも下部の濡れた部分で戸惑ってしまって力を使い、中間までいかずにテンション。だめだこりゃ。その後はムーブを確認しながら終了まで行き、回収。またまた悔しい思いをした神戸岩であった。ムーブは固まった(と思う)ので次回は登りたい。一緒に行った皆様お世話になりました。また行きましょう。
神戸岩 FJAさん
アルマジロを登るFJAさん
神戸岩 Uさん
ガバ丸を登るUさん、ペルーに行ってもクライミング続けてください。
神戸岩 Kさん
同じくガバ丸を登るKさん、

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.