ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
河又の岩場(10月17日)
 今日は岩場初級者のMさん、Tさんと河又の岩場に電車バスでやってきました。
岩場到着は9時半過ぎ、岩場はすでに結構な人で賑わっていました。始めは、多分、あまり滑らないシュテファンフェイスに。先着パーティ有り。お目当ての気分はダイレクト10bはトライ中だったので、藤娘10cにヌンチャク掛け。しかし、1ピン目から2ピン目までが悪い。なんとか登ったが、こんなに悪かったけ?という感じでした。初級者のお二人にいきなり藤娘をやらせるのは酷なので、待って気分はダイレクトにヌンチャクをかける。お二人はあっさり登ってしまう(TRですけど)。さすが、ジムでは11cは登ってしまうだけある。その後、私はファイナルドラゴンをトライ。昼ごはんの後、こうもり岩にてミヤザキミドリ10a、ディスコバージョン10b、いきのいい奴10aなどに次々とTRをかけて登ってもらう。ディスコバージョンは右に逃げると10bにはならないね。いきのいい奴の前にまたファイナルドラゴンをトライする。ムーブがなんとかわかってきました。でもかなり難しいムーブをやらないとなりませんね。その前に大レストポイントがあるから11cなんだろうな〜。

今日のトライ
藤娘10c                    再登
気分はダイレクト10b    再登
ファイナルドラゴン11c   ムーブ解決ならず
ミヤザキミドリ10a        再登
ディスコバージョン10b  再登
ファイナルドラゴン11c    ムーブわかってきた。3級(2級-?)はあるムーブ。
いきのいい奴10a         再登

帰りは5時30分のバスに乗ったんだけど、温泉入った登山客でごったがえしていました。飯能駅まで立ちんぼう。そして飯能駅で夕飯食べながらしばし談笑。9時過ぎに帰宅でした。

本日おつきあい頂いた皆様ありがとうございました。次回はリードですね。またよろしくお願いします。



河又の岩場(10月11日)
  3連休の最終日、天気がやっと好転して近場の河又の岩場にクラハイのI田さん、H本さんと行って来ました。河又の岩場はほぼ2年ぶり、岩場の解禁後、登 山道の最後の50m?くらいが丸太で整備されてました。他の道も以前と比べるとなんかすっきりして整備されているような印象を持ちました。岩場は1ヶ月以 上も行ってなかったので今日は殆どリハビリです。
岩場に着くと一昨日の雨の影響でコウモリ岩はかなり濡れていました。シュテファンに偵察に行ってみるとコウモリ岩ほどではないので、まずはシュテファンで登ることにしました。

アップ
気分はダイレクト10b 終了点は相変わらずスリングだった。最後の1手前のボルトはさびさびで全く当てにならない。まあ、落ちるところではないが。

ディレッティシュマドラゴン11d 以前にRPしてるが、とてもいいルートで岩場での現在の総合力を試すのにもってこいのルート。下部の抜け口でムーブがわからなくなりテンション。右足が一 段低かったようです。レストポイントからのムーブはやりながら思い出しました。以前のように最後のクリップは悪く感じました。全体としては岩場の指力は落 ちているというほどのこともないようでした。

ファイナルドラゴン11c 以前に核心のムーブがわからなかったルート。H本さんがヌンチャクをかけてくださったのでトライしてみるが、やっぱりわかりません。左か、もしくは右から回り込むのかな左上のカチ(ガバではない)がえらい遠いです。こんだけわかんないと次回もやろうというモチが下がる。ケミカルボルトになっていたのがせめてもの救い。

昼からコウモリ岩に移動。

ミヤザキミドリ10a フットホールドが予想よりツルツルでびっくりしました。

泣かないで愛ちゃん10c 以前トライして悪い印象があるルート。下部でガバだと思ったホールドが二子の広場のホールドみたいにツルツルで体を上げられずテンション。やっぱり足使いが大事だね。岩場慣れしてない証拠。最後にもちょっといやらしいパートがあります。さすが河又の10cだ。

ダウン
忍吉98 5.9 以前にアップでよくやってたルート。出だしはちょっとボルダーチック、でも後はガバガバ。こっちも結構磨かれている。

今日はこれにて終了。

お付き合い頂いた皆様ありがとうございました。


私のDRトライ(I田さん撮影)


今回もお会いしましたMキちゃん。一期一会12dをトライしてました。かなり安定している登りに見えました。

河又(12月21日)
今日はたいちくんと久しぶりの河又。今日は遂に12cの一期一会を触りました。
いきのいい奴と大五郎でアップ。大五郎を降りるときに一期一会にヌンチャクをかける。1便目:デザソン核心付近でいきなりテンションするもすぐに抜けて一期一会核心へ。んー、ムズイ。インチキ抜けしてとりあえず全部ホールドを触る。2便目:デザソン核心付近で足が決まらずフォーール!情けナ。その後、本ちゃんの核心はだめだめ。3便目:一応、本ちゃんの核心手前のクリップまではノーテン。でも、その後、左手、あまーい穴ホールドから右ガストンのムーブでさえ止まらない始末。お話にならないみたい。その後の右の悪〜〜いコルネへのデット(?)は全く決まる気がしない。勿論、ちゃんとトップアウトできずに終了。あと2日くらい来てトップアウトできなかったら封印かな。噂どおりの難しさでした。
たいちくんは、マンモスケイブをトライ。下部2箇所の核心は見事に決まっていました。私の一期一会よりは確実に早く終わるでしょう。
河又 (11月22日)
今日もたいちくんと河又。何をやるか迷ったが、まずはなぐり愛12bを触ってみることにした。しかし、案の定、短い12はボルダー能力が要求される。まずは出だしでつまずく。ここは被りに堪えて左の悪いホールドが保持できないと、その先のガバ(でもないが)が取れない。本当の核心はその先にあるのに、2便出してガバを触れたのが1回だけ。先は遠い。核心を越えれば、あとはなんとかなりそうだが、なにせ核心を越えるまでが大変。続けるかどうか迷うところだ。なぐり愛の後はシュテファンに移動して、以前1回だけ触ったファイナルドラゴン11cをトライする。しかし、なぐり愛のトライで結構よれてしまった。ただでさえも悪いのに、疲れていてはムーブができない。しかし下部のムーブは大体わかった。問題は被った部分のムーブだ。ここはまだ全然わからない。2便目は回収便。かなり疲れました。
そして、、どうやら風邪をひいてしまったようだ。。。

紅葉
河又シュテファンフェース(11月15日)
今日はたいちくんと河又。到着は7時過ぎで、勿論一番乗り。気温は前回よりちょっと高め。自分は木曜の登りこみの疲れが残っていて体がぱきぱき状態だったが、がんばりました。
さていつものお題は、
1便目:ヌン掛け。なんと3ピン目から4ピン目までのムーブに失敗する。やはり今日は疲れが残っている。前回から考えていたのだが、最終クリップは長ヌンにして下からクリップする労力を減らす作戦でヌンチャクをセットする。2便目:昼ご飯前に出す。問題の最終クリップは下からは結局うまくいかなかった。今日は力がない(ほんとか?)。でも核心部のムーブはうまくいった、と思ったのだが、きのこ(しいたけ?)ホールドを保持しつづけられずフォー−ル!!結局、一段上に上がって、アンダーでクリップするやり方に変更する。3便目:核心部は作戦どおりうまくいった、そして上のランナウトするパート、思わず声が出る。そして、最終クリップ。やりました、やっと登れました。5日かかりました。でも最初の2日は、気温が高くて、自分も岩もぬめっていて半グレード以上は今より難しかったようが気がします。でも中間部までは、その前に登ったディレティシュッマドラゴンと同じだから、まともにやってればもうちょっとかかっていたのではないかと思います。
たいちくんはマンモスケイブ13aをトライ、箸も氏の登りも参考になって、かなりモチベーションが上がっていたようでした。勿論、感触は良かったようです。
さて、次回の河又は。。。一期一会?なぐり愛?それとも最強の11cかもしれないシュテファンのファイナルドラゴンか?
河又シュテファンフェース (11月9日)
今日はM池さんと河又に行く。大分気温が下がってきたのでコンディションに期待した。そしてそのとおり全体的に岩の状態は非常に良かった。私のダイノザウルス、1便目:ヌン掛け、核心ムーブは2回目にすんなり決まる。しかし、手前のカチ帯で足が決まりにくい。2便目:核心前のアンダーですっぽぬける。核心のホールドを取るところで左足をひとつ上げるのを忘れてしまった。その後は一発で抜ける。3便目:最終クリップを右アンダーで入れることにした。しかし、核心のホールドを取るため左足を上げづらくなってしまう。たまらずテンション。4便目:ここでもやはり核心手前でつまづき、核心ムーブを起こしたもののフォール。でも本日は、2便目以降、全てワンテン、核心ムーブを失敗したのはヌン掛け便のみだった。核心手前のカチ帯も足位置が決まり、大分スムーズになってきた。本日はRPできなかったもののかなりの前進。先が見えてきた。
M池さんは本日2日目4便目でDSをRPする。すばらしい。PUMP2ルートでの登りこみの成果が出てますね。
本日は曇りで暗くなるのが早かった。4時ちょっと過ぎには岩場を後にする。さて来週は。。。

マンモスケイブ
河又(10月26日)
体調もよくなってきたので、M池さんと河又に行く。現地でFJ氏、TKさん、○べちゃんと久しぶりに会う。今日は朝に雨もぱらつき湿っぽい。今日は限界トライを2便くらいにして本数を出すことにした。
コウモリ岩
.燹璽鵐咫璽 5.9 いつ登っても最初がいやらしい。
▲妊スコバージョン 10b 怖かった。途中でぬめったホールドで左が外れてしまった。
シュテファンフェイス
5なはダイレクト 10b
ぅ瀬ぅ離競Ε襯 12b ヌン掛け。核心部分はホールドがぬめりムーブ途中でじょじょに外れてしまう。
ゥ瀬ぅ離競Ε襯 12b 核心手前まではノーテン、しかし、最後のクリップで力を使ってしまい、クリップ後にテンション。核心のホールドのぬめりは午前中ほどではなく、ムーブもうまくできた。
Ε侫.ぅ淵襯疋薀乾 11c あわよくば今日登ってやろうかと思ったが、とんでもないルートであった。核心と思われる2箇所はいずれもインチキ抜けしてやっとトップアウト。最後のランナウトは非常に怖い。これ本当に11c?
藤娘 10c 前回より悪く感じた。
コウモリ岩
┘ザギザハート 10c ヒール、使いまくり。途中で前腕がつりそうになった。ぎりぎりセーフ。

ほんとは10本登りたかったが、ここで時間切れ。次回はもっと登りましょう。M池さんのDSはとてもよい感じでした。次回には登ってしまいそうな雰囲気でした。運転ありがとうございます。

一期一会 FJ氏
一期一会をトライするFJ氏。このルート、2便で指が終わってしまうそうだ。恐るべし。

デザートソング ○べちゃん
デザートソングをトライする○べちゃん。核心越えた2便目は本当に惜しかった。
河又シュテファンフェース (10月11日)
今週はまた元に戻って河又シュテファンフェース。SEMIさん、AO山さんと。現地でYさんと合流する。今日は前回より気温が高く、全体的に湿気があるように感じた。私の方は、前回から触り始めたダイノザウルス12bをトライする。1便目:ヌンがけ、なんか中間のカチ帯が前回よりできない。2便目:最後の核心ムーブがやっとできる。だんだんこつがわかってきた。やはり左手サイドカチはずっと保持できないと遠い右のガバカチが取れない。ホールドの持ち方、足の位置、全てが大事。3便目:やはりよれてる。このルート、ムーブ探りやハングドックを繰り返すと2便で指がほぼ終了してしまう。中間カチ帯はぬめってうまくいかない。しかし、Yさんのアドバイスでよりよいムーブにすることができた。最後の核心もまたできた。しかし確率がまだ悪い。そういうレベルなのだ。先が長そう。
SEMIさんは"おもらいでがんす"をトライ。AO山さんはDDトライ。今日もおつき合い頂いた皆様ありがとうございました。

ゴン助 ダイノザウルス
ダイノザウルスをトライする私。中間部レストポイントにて。

ゴン助 ダイノザウルス
凄腕女性クライマーの異次元の登り。やはりすごい。
河又シュテファンフェース (9月28日)
今週も河又シュテファンフェース。本日はお強い方々もたくさんみえてお題のダイノザウルスは5人待ち状態でした。天気は前回から一変して全然涼しくなりました。前回までとは大違いで、飲む水の量も半分に減りました。ただ、もうちょっと涼しい方が、ハングドックしてムーブ探りをしている時には指がぬめらなくていいですね。さて今日から始めたダイノザウルス12b、3便だしました。アップは気分はダイレクト10b、で、1便目:はヌン掛け&ムーブ作り、最後はいんちき抜け、核心は明らか。2便目:は最終クリップまでノーテンでいけたが、その後の核心ムーブができない。3便目:もう指がよれちゃった。3ピン目の手前でドカ落ち、アブねー。後は核心トライ。親指をうまく添えるとい、というアドバイスをもらったが、うまくいかない。相変わらず、右上のホールドが遠い。結局、ムーブ決まらず下りる。これはかかりそうだ。こういうところはやはりボルダー力要りますね。最後に藤娘10bでクールダウン。
さて次回も河又か??
河又シュテファンフェース (9月23日)
台風の雨と昨晩の雨の影響を気にしながら、SEMIさんと今日も河又へ行く。シュテファンフェースに着くとディレティシュマの下部クラックから右がびしょ濡れだった。上部もかなり濡れてそうだった。
1便目:ヌンチャクをかけながら濡れたホールドをタオルで拭いてチョークをつける。中間部は乾いているのだが、それより上の上部ホールドは濡れている。足もびちょびちょ。核心を抜けるところのデットを飛ばす先のガバホールドもびしょ濡れ。最後の1ピンは怖くてチョンボ棒でかけました。更に最後の肝心のピンチガバも濡れ濡れ、今日はちょっと難しいかなー、と思う。
2便目:乾くのを待って、2時頃に10bでアップしてから取り付く。いい感じでレストそして第一核心、最後のデット、あ”ー、抜けた〜。やはり濡れていた。デット止まらない。今日はやっぱ無理か。SEMIさんのアドバイスでここはデットを使わないムーブに変更した。最後の部分は、多少乾いたのか、ピンチガバホールドは意外と止まるくらいまで乾いてきた。
3便目:第一核心越えはムーブを変えて成功。後は濡れた手でなるべく触らないように頑張ってチョークアップしつつ登る。最後は両足をタナへ載せ、ガバホールドへ。思わず声が出る。やりました。やっと登れました。

ディレティシュマドラゴンはいいルートだった。もっとまともな時期にトライすればもっと便数が減ったかもしれいないが、まあ、こんなもんでしょう。次はダイノザウルスをやろう。こちらは今日は殆ど濡れておらず、最後にムーブ探りでもしようかと思ったが、今日のところは終了とした。SEMIさんはDDを既に登っておられるので、ダイノをトライ。最後の方にきついムーブがあるようだった。お付き合いありがとうございました。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.