ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
有笠山 (4月26日)

雨の影響が心配されたが、全然登れる。
Blast-off 3トライ登れず。んーー、ムーブがいまひとつ。

有笠山(9月29日)
天気予報から、わかってはいたのだったが、朝起きてみると雨。さらに待ち合わせ場所に向かうにつれて雨足が強くなってくる。今日はこーたろーさん、Y中さんと金毘羅の予定だったのだが、この雨の中、行き先に迷う。結局、有笠は降ってないようだということで、有笠に向かう。すると渋川辺りから雨は降っておらず、岩場はよい状況。但し、染み出しはあり、フェアリー左側はかなりの染み出しで、以前に荷物を置いていた砂地はぐしょぐしょに濡れている。ロマンチック街道はいつも濡れているところがびしょびしょ、予感も分岐点あたりまでかなり濡れている。最近背中のはりがひどく、昨日30分のマッサージをしてもらったのだが、限界ルートをやる状況ではなかったので、予感をトライするのはあっさりあきらめる。代わりにこーたろーさんがやってみたいというBast-offをやりにヘルケイブに向かう。岩場には誰もおらず、早速右側10a,10cでアップをする。そしてこーたろーさんのBlast-off 1便目トライを見てから自分もやってみる。出だしから悪い、左側アンダーを使ってデットでガバ穴を取りにいくというのだが、このアンダーが濡れており抜けそうなのである。何回かのトライでやっと取れる。ルーフの下まではムーブが決まれば大したことはない。しかし、アンダー使ってたら後で抜けるなとこの時思い、案の定、こーたろーさんが次のトライでこのアンダーが抜けてしまう。その後の違うパーティのトライでこのアンダーを使わないムーブがわかる。ルーフ越えはカチを介して右ヒールで左ガストンを取りにいき、右ホールドをマッチして右カンテに向かうのだが、右ヒールでは力使い過ぎる。こーたろーさんは次のトライで左ヒールをルーフ基部にかけて難なく抜けていた。これが正解だろう。その後は右ヒールから大デットでルーフ右上部の溝を取りにいくというのだが、これが遠い。数回やって成功。後は大ガバではないがガバ地帯をつなぐだけなのだが結構疲れてしまった。最後のヌンチャクをかけたかったのだが、体が引き上がらなくなってしまった。奥の手チョンボ棒を使ってたらフーラフーラ揺れ、かつ腹をハーネスでしこたま締め付けられたせいか気分が悪くなってしまった。結局、チョンボ棒は諦め、もう1回大デットをしてヌンチャクをかけにいこうとするが、大フォールしてしまい、降りる。やはり今日は調子が悪い。今日は1本出しただけで終了。レストを十分して次週にまた頑張ろう。Blast-offは噂にたがわず面白いルートだった。時折悪いホールドもあるが、大体ガバなのでボルダーで被った壁が得意な人は直ぐ登れてしまうのでないか。またやってみたいルートであった。
こーたろーさんもBlast-offトライ、2便目はルーフのホールドを取りにいくところのムーブ、かっこよくきまってました。Y中さんは腰が痛いと言いつつルンルン伸介をトライ。RP近そうな登りでした。
今日もおつき合い頂いた皆様ありがとうございました。

Blast-off 1
Blast-off出だし部分。

Blast-off 2
Blast-off出だしの後。この辺であまり力を使っていると。。。。

Blast-off 3
Blast-offルーフ越え手前、レスト地帯。結構被ってますね。
有笠山(5月13日)
今日はちょっと大所帯、いつものFJさん、TKさんと、K田さん、○部ちゃんと計5人。多いとやっぱり楽しいね。私は前回からの宿題、予感がターゲット、前回いい感触だったのだが。。。パスファインダー、夢見る頃でアップ。その後、予感にとりつく。第1核心、第2核心をこなし、ガバのレストポイントに来るが、ここは足がなかなか決まらずレストが難しい。腰がうまく落とせないのである。結局、最後の核心地帯に入るも全然回復してなくテンション。その後の核心も前回よりもなんか、左のカチが保持できない。2便目、第一核心で足がパタパタしてデットが決まらず落ちてしまう。その後も1便目と同じ感触。頑張って3便目を出すが、その前にヌンチャクが回収されてしまってマスタートライ。案の定、ダメダメモード、最後の核心をやっと抜けてトップアウトする。本日はこれにて終了。
TKさんはNo Shiesta、核心部分を見事にランジ気味に抜けてRP、すばらしい。おめでとうございます。K田さん、○部ちゃんもお目当てのパスファインダーをRP、みなさんご機嫌のよう。FJさんはロマンチック街道トライ、前回より大分いい感触になってきたようだった。今日もおつき合い頂いた皆様ありがとうございます。

予感第一核心 2007-05-13
予感第一核心のデットを決める私。

TKさん No Shiesta 2007-05-13
No Shiestaの核心部分を抜けるTKさん

K田さん パスファインダー 2007-05-13
パスファインダーをトライするK田さん。RPおめでとうございます。

FJさん 予感 核心部分 2007-05-13
ロマンチック街道の核心部分を通過するFJさん。段々確率が上がってきてますね。

○部ちゃん パスファインダー 2007-05-13
パスファインダーをトライする○部ちゃん。乾いていれば、RPは問題ないですね。
有笠山(5月1, 2日)
土曜に引き続き、GW中日の1,2日に有笠に行く。天気予報が1日午後から2日午前にかけて雨ということで、泊まりにするか日帰り1日のみにするかで大分迷ったが、雨は弱く、フェアリーなら雨でも登れるということで決行となった。メンバーは、1日目FJさん、TKさん、2日目は朝からK田さんが合流した。
<1日目>
夢見る頃でアップ。前回はロマンチック街道に2便出したのだが、予感も触ってみたいということでヌンチャクをかける。1便目:中段まではロマンチック街道と同じくガバ。ロマンチック街道との分岐点を過ぎるとすぐちょっと悪いムーブが出てくる。ここはデット1発。その後はフェイスに出る手前にまた1箇所悪いムーブがあり、これは右足ヒールでなんとか抜ける(確率悪し)。フェイスに出てからがいよいよ核心らしく、特に4手目から5手目の外傾ホールドへのデットとそこからの1手が難しい。外傾ホールドで両手マッチできれば楽になるのだが、右手を寄せるのが難しい。ここは疲れていたら絶対できないムーブでいんちきしてトップアウト、やはりこのルート難しい。ロマンチック街道より持久系ではないが、ムーブは難しい。2便目は雨が降り出してからのトライになったせいか、ホールドが大分ぬめっていた。下の第2小核心が越えられなくなり、あせったが何とか抜けて、最後のフェイス部分のムーブを作ろうとするが、条件が悪かったせいか、結局わからずじまいに終わってしまった。2日目もあるので1日目はこれにて終了とした。FJさんはロマンチック街道、TKさんはNo Shiestaを果敢にトライしていた。夜はリニューアルした近くの有笠山荘に泊まる。宿泊客は我々のみ。無料の電動按摩器はなかなかよかった。温泉も1人締めでグーでした。
<2日目>
朝起きてみると雨が降っている。これはやばいかも?と思うが、予報では8時過ぎには晴れるらしい。実際、宿を出る頃には晴れ間も見えてよい天気となる。岩場に着くと昨晩の雨の影響は明白で予感もロマンチック街道も昨日より濡れている。予感を先に登った人の話では下部は大分濡れているらしい。FJさんも昨日と比べると大分染み出しがあるということだった。これは待った方がいいと思い、11時頃にパスファインダーでアップを始める。途中までのつもりだったが結局終了点まで抜けた。このルートこんなにガバだったけ?1便目:予感を1時近くになって登るが、下部の第一小核心で重要な玉ホールドが濡れている。昨日は乾いていたのに。たまらずフォールしてしまう。昨日よりさらにひきつけてなんとかぬける。次の小核心は、昨日持てていたかかりの悪いホールドが今日は持てない。試行錯誤の末、その悪いホールドの更に下にちょっとかかるホールドがあるのを発見。これを使ってみるとガバへのデットがうまくいく。2回やって2回とも成功。その後、フェイスの核心では、外傾ホールドへのマッチは右足カウンターを切ってホールド左の下に体を入れこめればうまくいくことを発見。次回はこれで通してみよう。しかし、そこまでにうまく力を温存できていないと苦しいだろう。午後3時過ぎにまたにわか雨、気温も下がる。今日は条件も悪いので予感は1便のみで終了。最後にパスファインダーでクールダウンして終了とした。天候にはあまり恵まれなかったが、有名ルートをトライできて、なかなか充実したクライミングができた。FJさんのロマンチック街道、やはりカンテ部分(レイバック)が難しいようです。レイバック使わなくてもいい手があれば大分違うのですが。。TKさんのNo Shiesta、ムーブは固まったようだ。K田さん、次回はいけるでしょう。おつき合い頂いた皆様ありがとうございました。
有笠山 05-01-2007 ロマンチック街道 FJ氏
ロマンチック街道12bを登るFJ氏
有笠山 05-01-2007 予感
予感を登る私
有笠山 05-02-2007 No Shiesta TKさん
No Shiestaを登るTKさん
有笠山 05-02-2007 K田さん
パスファインダーを登るK田さん
有笠山(4月28日)
今年のGWのクライミング初めは有笠山、メンバーはFJさん、たいちくん、TKさん。午前中は天気が良かったのだが、午後から急に冷え始め(ダウン必携でした)、さほど強くはなかったが雨と雷に見舞われた。それでも十分なクライミングが満喫できた1日であった。私の方は"夢見る頃11a/b"でアップの後、ターゲットの"ロマンチック街道12a/b"(パンプトポでは12b)にトライ。先にトライしたたいちくんの登りを見ていたので核心部分まではテンションかけつつなんとかいける。その核心部分であるが、上部カンテにかかりのよいホールドはなく、レイバックでいくしかなさそうだ。何回か試してレイバックで抜けるが、その次の核心部分で力尽きて敗退。2便目は、1便目のムーブ探りで大分力を使ってしまったようで、レイバックの核心部分がなかなかできない。しかし、左手上で右手うまく使うことで楽になることを発見、うまく抜けることができた。次回もう一度試してみよう。さて次の第2核心部分も先のたいちくんの登りを参考にしてなんとか抜け、やっとトップアウト。第一核心から最後の終了点まではかなり疲れるところなので、今後何回か改良が必要だろう。このルート20m以上もあり、ノーハンドで休めるところなど皆無、ムーブ多彩、足位置も限定され、力も使う。省エネの登りをしないとなかなか登れないルートであると思った。モンパニが12bなら、このルートも確実に12bだと思った(体感ではモンパニにより絶対ムズイ、ドンガバチョよりはムズクない)。最後に、アップでヒールが外れてしまい、登れなかった"夢見る頃"をRPして終了。前日の不眠の影響でかなり疲れた。帰りは、下のテンバ隣の有笠山荘の日帰り温泉(500円、18時までだが、過ぎても交渉すれば入れます。洗い場、シャンプー・石鹸勿論有り)につかってさっぱりした。今日もおつき合い頂いた皆様ありがとうございました。
有笠山 04-28-2007
ロマンチック街道、核心部分のレイバックに入るところ
有笠山(9月9日)
きんさん、M代っちと行くが、結露で下部はどこもびしょびしょ。幸いフェアリーロックのパスファインダー11b/cはできそうなのでいきなり取り付く。
1. パスファインダー 多テン
濡れているので体に力が入る。しかも木曜のPUMP2の疲れが残っている感じ。やはりアップ無しはつらい。
2. パスファインダー 3テン?
出だしでいきなりつまづく。1便目をすっかり忘れている。
3. パスファインダー 1テンのちRP
ようやく体の力が抜けてきた。これはいけると思ったら核心のっこし部分で左足が滑ってしまった。あたまにきたので降りてすぐ登り始める。今度は慎重に足を置いてRP。
4. No Shiesta 11c テン山
きんさんが苦労しているこのルートに取り付くが、思ったより悪い。しかも核心前のアンダーが濡れていてムーブが組み立てられない。いんちきしてトップアウトして本日終了。

途中、ケイブエリアにBlastOffを見にいく。むずそう。
帰りは高いそばやで食事して帰る。
有笠山(5月21日)
今週は雨が多かったので金毘羅のモンパニはあきらめ、きんさんのお誘いで有笠山に初めてやってきた。初めてのエリアはサンダンスエリアという前日の雨の影響を受けにくいエリアであった。

(1) 友よさらば 10a OSm
結構被っている。

(2) 苔の庭 10b OSm
自分の苦手系のスラブであったが、ホールドは豊富で思ったほど難しくなかった。

(3) 大地讃唱 10b 2テン
OSあえなく失敗。2Pから3Pまでが核心、後はガバで最後にちょっと悪いアンダー有り。

(4) 大地讃唱 10b RP
わかってしまえば大丈夫。手順さえ覚えておけばアップに使えるかも。

(5) Please Jam Me 11c 1テン
のっこし部分の右手の持ち方悪く、その後の左のガバも見えずフォール。無念。

(6) Please Jam Me 11c RP
これもわかってしまえば大丈夫。

ここでサンダンスの右壁11dにするか上部のさざなみエリアの11後半にするか迷ったが、もう疲れてきたので短かそうなさざなみエリアに移動。着くと短いが被った壁がまたまたお出迎え。

(7) 龍宮城への招待 11c/d 3テン
最初の出だしがいやらしい。3本目のクリップまでにフォールするとグランドの危険性有り。3本目をクリップしてその上のガバを取ってしまえばほぼ終了。

(8) 龍宮城への招待 11c/d RP
右手穴から左のホールドの持ち方を変え、さらに3本目のクリップを入れるときのホールドの持ち方を変えて核心を抜ける。後は問題なし。お買い得かな。

今日のルートはマスターで全てトライしたので結構疲れた。でも11台のOSがないのは寂しい。もう少しなのだが。。それでも結構楽しい充実したクライミングが楽しめた。次回は12台をトライしよう。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.