ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
木古里岩 (1月18日)
今週も木古里岩に来ました。そしてやっと宿題を登ることができました。グッド
続きを読む >>
木古里岩 (1月12日)
またまた、しつこく木古里岩に来る。あわよくばRPと考えていたのだが、そうはあまくなかった。でも最高到達点を記録、最後の核心が決まらずフォールしてしまったのだ。悲しい
続きを読む >>
木古里岩 (12月30日)
今日は予報が暖かそうだったので、AO山さんと木古里岩に来る。今年最後のクライミングだ。実際、1階のトライでも半袖で登れて前回より暖かでした。いつものように2階のハンマーヘッド10cでアップしてお題にとりかかる。1便目:ヌン掛け。ムーブ確認。2,3便目:どうも最初の核心の決まる確率が悪い。後からよくよく考えると、横から奥まったところにあるガバを見ているせいで、しっかりガバに向かって手が出せてないようだ。何か目印を考えた方が良さそう。それとレストポイントまでの使うホールドを1箇所修正、また、レストポイントのガバを取りにいくときの足位置をしっかり決める。4便目:第一核心はうまく越えたのだが、その後のムーブを間違えてしまい、フォール。この手順を間違えたのは今日2度目だ。登る前に確認した方がよい。その後は最後のクリップまでうまくいき、最後の遠いキョンムーブがきまったところで力尽きる。でもなかなかこなれてきたようだ。今年初めてのトライから比べると格段に進歩した。また来れる機会があったら是非ともRPしたいものだ。
今年は昨年末の鼻の手術の影響や、前半仕事がとても忙しく、思ったようなクライミングができなかった。それでも秋口に12bを1本登れたことや、10月から始めたスクールで自分の弱点やいろいろなトレーニング方法を学ぶことができたのは大きな収穫であり、是非来年に繋げたいものだ。来年はもっと効率よく量的にも登って更に限界を上げられればと思う。
今年もいろいろな場所におつき合い頂いた方々に感謝いたします。
木古里岩 (12月24日)
RP狙いのK田さんと平日ぶっつぶして木古里岩に向かう。8時半には岩場到着、早速ハンマーヘッド10cでアップしてお題(ドンガバチョ12b)にとりつく。1便目:ヌン掛け、ムーブ確認。相変わらずレストポイントまでのムーブは確率悪い。上部は最終6ピン目のクリップムーブを探るが、決まらず。次回、長ヌン作戦をやることにする。2便目:最後の核心までノーテンでいってやろうと思って取り付いたが、第一核心ムーブであえなく撃沈。今日はなぜだか体が重い。またその後の一連のムーブの確率が悪いピンチ持ち取りは、足がきちんと決まっていれば飛ばせることを発見。2回繰り返して確率がかなり上がることを確認。その後、最終クリップは、長ヌン使って、下からクロスっぽく入れることでほぼ決まった。その後のランナウトしている終了点までのムーブも固まる。やはり最後のクリップを入れてからの遠いキョンのワンムーブができるかどうかが大きなポイントとなりそう。3便目:ワンテンにしてやろうと思って取り付くも、またしても第一核心で撃沈。ん−−、今日は調子が悪い。でも最後のクリップは思ったとおりできた。しかし、その後のムーブが起こせなかった。やはりそこまででかなり力を使ってしまう。
3便出して時間切れ。本日は終了。K田さんの恐竜王国は、RPこそならなかったが、ムーブはより固まったようだ。また来年来ようということでまとまる。

ドンガバチョ - メモ
メモまで作ったんだがな〜。
木古里岩 (12月7日)
今日はM池さん、K田さんとクライミング。3人になったので、K田さんと私の宿題のある木古里岩に行く。現地に着くと今日は寒いことを実感したが、2階のエリアは陽が当ってとても暖かった。さて私の宿題は、最後のパートのムーブがいまひとつだったのだが。。。2階のハンマーヘッドでアップして、
1便目:ヌンチャクかけながら陽が当る中のトライ。最後のパートもいんちきせずにトップアウト。2便目:午後1時30分過ぎにトライ。もう日差しはあたっていなかった。どこまでいけるか試したが3ピン目のクリップで足が滑り態勢が崩れ、クリップはしたもののその後のムーブが続かず、テンション。情けねぇー。その後はムーブを繋ぐが最後のピン手前で力尽きる。ここが最後の核心。ここはキョンをして、ふって、ステミングして---というような動作が続く。クリップが問題。被っているのでとても力を使います。その後、また普通にトップアウト。3便目:時間がおしてしまい、あまりムーブ探りに時間取れずじまい。最後の核心は大体わかったが、下から繋げて本当にうまくいくかどうかが問題。特にクリップ。でもまともにトップアウトできるようになったので結構進歩した。あと数日(?)はかかりそう。
今日はなぜか帰りの299はガラ空きでした。


恐竜王国をトライするM池さん


同じくK田さん


紅葉もなくなりました。
木古里岩 (11月2日)
たいちくん、K田さんと木古里岩に行く。寒いかと思ったが、2階に陣取ったら日差しがたっぷり降り注ぎ、半袖でもよいくらいだった。今日はドンガバチョの上部最終クリップまでと終了点までのムーブ解決のつもりだったのだが、2便出してとても固まったとはいえないできであった。途中、ムーブ探りの手順ミスもあってなかなか思うようにいかない1日であった。たいちくんはバックドラフト12dをトライ、相当ムズイらしい。K田さんは恐竜王国11bをトライ、てんとう虫軍団の襲来とピーカンの日差しに悩まされ、私同様なかなかうまくいかないようであった。本日は皆さん、ムーブ探りで3便/1人のペースであった。次回はなんとかRPトライといきたいものだ。

木古里岩 アップたいち
アップルートを登るたいち氏

木古里岩 アップ ゴン助
アップルートを登る私

恐竜王国 神田さん
恐竜王国を登るK田氏、天気が良すぎ、てんとう虫とかめ虫の襲来がなければ。。。きっといってたでしょう。

中里天狗方面
紅葉が目立ってきた天狗岩、中里方面
木古里岩 (10月19日)
今週もたいちくんと木古里岩に来る。宿題のドンガバチョ12bの上のコルネはまだ濡れている。しかし先週よりはコルネ下部は大分乾いてきている。アップは1階左端の無名ルートで行なう。下部はびちょびちょだったが一旦左にトラバースすれば問題なかった。登り始めに一瞬、少し体のふらふら感を感じる。ドンカバチョヌンがけ便でも下部のどっかぶり部分で体をふるとふらふらした。金曜から飲み始めた鼻用の強い薬の副作用が出ているのかもしれない。昨日は一日中体がだるかった。2便目にやっと、下部2〜3ピン間のムーブが決まる。残りは5ピン目から終了点までで、どうもコルネが濡れているとやる気がしない。3便目はふらふらがひどくなりムーブ毎に感じるようになったので早めに切り上げる。体調は悪かったがそれなりに成果はあったのでよしとしよう。たいちくんは先週からやり始めた2階のマイコプラズマ13aを早くもゲット。のってますね〜。
木古里岩 (10月13日)
当初は太刀岡の予定だったのだが、たいちくんと相談して木古里か中里の岩場に変更する。結局、私にとっては久しぶりの木古里岩に向かう。まずは2階のハンマーヘッド10cでアップ、のつもりがバランスを崩して落ちてしまいました。後でblog見返したら、このルートOSmしてました。がっくし。。そして1階の宿題ドンガバチョ12bをやる。しかし、上部のコルネ帯はびしょびしょ。以前トライしたときは乗り越してからのムーブが解決してなかったので、その部分だけでもやるつもりでトライする。1便目:最初の核心ムーブもできないし、懸案のパートもできない。ボロボロ。2便目:最初の核心ムーブは1発で決まる。しかし、やはりその後のムーブができない。3便目:もうよれてたうえに指が痛い。土曜にダイノで指使使い過ぎました。チョンボ棒出動でトップアウト。最後のランナウト部分はチョンボ棒はぎりぎり、届くまで体が凍ってました。でも、懸案パートは親指の使い方がキーのような気がしました。次回またがんばろう。
たいちくんは2階のマイコプラズマ13aをトライ。とてもいい感じでした。
木古里岩(4月22日)
今週は風邪でボロボロだった。会社行くので精一杯、結局ジムには行けず。土曜1日休んだおかげで、やっと日曜に岩場に行ける気がした。今回のメンバーはいつものFJさん、TKさんと、久しぶりのK田さんの4人だ。場所は前回に引き続き木古里岩、でも病み上がりでは限界トライは明らかに無理だ。アップでとなりのタトロの核心手前のタナのところまでをやる。確かに簡単だ、10cくらいだろうか。でも中6日空くと前腕の中の筋や体の節々がピシピシいうような感じだ、すぐパンプしてくる。核心の2手くらいをやったが、急に難しくなるのがわかる。無理をせずに途中で止めて降りる。次にタトロの左隣の無名ルートをやる。こちらはなんとか登りきる。しばらく空けて残置したヌンチャクを回収するのが主でドンガバチョを登る。乗り越し部分は前回よりもコツがわかってきたような気もするが、その後のガバまでの5〜6手のムーブは未だにわからない。しつこくやると頭痛がしてきそうになったので途中で止める。その後は最後のピンを入れてからが、また核心のようだ。結局これもわからずじまい。途中、チョンボ棒を使ったりしてトップアウト。風邪じゃ、しょうがないね。ヌンチャクを回収して今日の修行はこれにて終了。本日はFJさんが予定どうりとなりのタトロを3便目にRP。ちょっと核心部分ひやっとさせられましたが、お見事でした。TKさんは恐竜王国をRP、当然ですかね。K田さんも怪我からの復帰直後にしては動きがよかったです。皆様またよろしくお願いします。
木古里 04-22-2007 となりのタトロ FJ氏
となりのタトロをトライするFJ氏
木古里岩(4月15日)
前から気になっていたルートをやりに木古里岩へ。メンバーは、FJさん、tsukaさん、TKさんと4人。リハビリクライミングのtsukaさんと恐竜王国狙いのTKさんは2階へ。残った我々は1階で12のルートにとりつく。私がやってみたかったのは、ドンガバチョ12b、ルーフを乗り越すところがいかにも難しそうだ。案の定、下から2ピン目をクリップし、右手アンダーガバ、左手うすい穴カチをもって左手つまみホールドを繋いでその上のポケットを取りにいくところが難しい。穴に届かず、かなり確率が低い。その後ガバまで2本指や薄い穴、極小カチが続く。二子のでかいホールドに慣れきってしまっている身にはとても厳しい。途中、チョンボ棒まで繰り出し、やっと終了点まで抜けた。降りた後はもうヘロヘロ、金のわらじをさらにグレードアップして難しくしたような感じのルートだ。とにかくパワーが要る。今の私にはまだちょっと無理かもしれない。2便目はトップロープでまたムーブ探りをやってみるが、乗り越しの部分は、はじめのムーブで頑張るしかなさそうだ。それ以外のパートはよれていてムーブ探りにならない。3便目はその上のパートのムーブを探ろうとしたが、やはり難しい。よれていることもあって結局決められずに終了。今回はかなり疲れてしまった。こんなの久しぶり。FJさんは、となりのタトロ1テンまでしっかりつめていた。次回は確実にRPでしょう。お付き合い頂いた皆様ありがとうございました。
木古里 04-15-2007 ドンガバチョムーブ探り
ドンガバチョ、下部のムーブを探る

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.