ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
カサメリ沢(6月6日)
  T屋さん、M姐さんとカサメリ沢に向かう。現地駐車場でY川さんと合流。後からちびCさん達もやってきた。最後にカサメリに行ったのが2007年7月なので実に約3年ぶりだ。ここには2006年に1日、2007年に2日トライした”金のわらじ12a(旧100岩では11d/12a)”がある。今日は是非この宿題を片付けたいと思ってやってきただのだった。今日は天気も岩もコンディションがよく、人も少なくとても充実したクライミングが楽しめた。

始めは以前アップでよくやったトータルリコール10bを再登。次にさっそくワラジにヌンチャクをかける。

そして最終便でワラジをゲットすることができました。3年越しだと超うれしい。きてよかったです。

前回の太刀岡に引き続き過去の宿題を片付けることができました。さて次はいずこ?
カサメリ沢 (7月28日)
先々週に引き続き、きんさん達とカサメリ沢に行く。メンバはいつものきんさん、Mよっち、たいちくん。前回のカサメリでは、結露のため全く登れなかった。今回は、からっ、からっに乾いていて、ベストのコンディション。トータルリコールでアップの後に、宿題の金のわらじに取り付いてみる。今日の結果は、
1便目:ヌン掛け、核心部3回試すが越えられず、疲れるとまずいのでそのままヌン掛けして降りる。降りる際に核心のカチの目標が見えるようにチョークでマーキング。
2便目:もう少しでカチをしっかり取れるところだったが落ちてしまう。その後のトライでカチが横から見えるくらいまで体が上がればカチがしっかり取れることがわかった。アンダーはピンチ持ちのように親指を利かせるとよいことがわかった。
3便目:カチを取り、一瞬核心を越えたかに思えたが、かかりが少しあまかった。越えられずカチを外してしまう。そのまま耐えて、もう一度カチを取りにいったが、無念、取れなかった。指が少しずつ疲労しているのがわかる。
4便目:午後3時前に、にわか雨が降ってくる。本降りになる前にと1便出すが、カチ取れず。疲れてきている。たいちくんに、核心部でカチを取るために壁に張り付いている時間が短くなってきていると言われる。
5便目:既に終わっていたようで、アンダーを両手で取って乗りこみ、カチを取るために左手を外すと同時に壁から離され落ちてしまう。こんなに指にきているのかと思わせるくらい力が無くなっている。その後上部まで抜けてヌンチャクを回収する。
きんさんは、NDDのトラバース部分のムーブが固まり、確率を上げる段階に入ったようだ。Mよっちは漁師の娘、全てのムーブが決まり、次回はRPしそう。たいちくんのNDDは本当に惜しかった。さすがだ。今日もおつき合い頂いた皆様ありがとうございました。
カサメリ沢 (7月16日)
当初は14日(土)の予定だったのだが、台風の影響で3連休最後の16日(月)に変更して、先週と同じくカサメリ沢に行くことにした。メンバは、いつものきんさん、まさよっちと3人。台風一過を期待したのだったが、着いてみると岩場周辺はガスがかかっている。幸い金のわらじは、濡れてはいるが待てば乾くような雰囲気。他のエリアは、これにも増して濡れている状況で、台風の影響がかなりあったようだ。私は、状態が良くなれば昼過ぎに1便出してみることにした。きんさんは早々に金のわらじにヌンチャクをかけに行く。やはり相当濡れているようだ。昼過ぎになっても状況は変わらず、タオルで拭いた箇所も再び濡れる。どうやら結露のようだ。途中、NDDのエリアやモツランドを偵察に行ったが、やはり濡れている。今日はどこもだめそうだ。3時過ぎになっても状況は変わらず、3便目を出したきんさんによると1便目が一番ましだっという。結局、一便も出さずに終わってしまった。まあ、こういう日もあるだろう。ジム通いで少々疲れ気味であったので却ってよかったかもしれない。
きんさんは、金のわらじの核心越えに成功し、ムーブは固まったようだ。乾いていればもっと確実だろう。まさよっちは、漁師の娘がビショビショで、私と同じくモチ低下により、今日は結局レストになったようだ。
来週こそ天気に期待して、岩場を後にしたのであった。

わらじ結露 07-16-2007
結露

増水した沢 07-16-2007
増水した沢

徒渉の試練 07-16-2007
徒渉の試練


カサメリ沢 (7月7日)
久しぶりにきんさん達と岩場に行く。メンバは、きんさん、たいちくん、Mよっち、○べちゃん、の計5人。行く先は勿論カサメリ沢だ。今日は一時陽のさした時間帯もあったが、殆どが曇り、かつ、時折ガスもかかり、ホールドは全体に少し湿気っぽい感じがした。そんな中、私は、きんさん、たいちくんのトライするNDDをやることも考えたが、まずは宿題を片付けることとし、昨年トライした金のわらじをトライすることにした。トータルリコール10bでアップの後、1便目:下部スラブは問題ないが、やはり核心乗っ越し部分ができない。昨年よりできなく、へこむ。2便目:1時間後にトライ。いろいろなホールドやムーブを試すが、結局始めのムーブに戻す。昼ご飯の後の3便目:元のムーブでトライしていると、右アンダーで保持しつつ、左手を被った面に下から沿えながら体を引き上げられることを発見、またアンダー部分は親指をうまく使えば結構保持できることがわかった。その要領でついに今まで取れなかったカチホールドを取ることができた。その後、上部ののヌンチャクを掛けた。4便目:もしかして登れるかも?とかすかな期待を持って臨んだが、指の方がもう終わっていたようだ。目標のカチホールドは取れず、その先のムーブの確認と、最上部のムーブを決めたに終わった。やはり、下部の乗り越し核心部分さえ越えられれば、後はなんとかなることがよくわかった。次回からが俄然楽しみになってきた。まずは核心通過の確率を上げること、そして、その後のムーブを繋げられることがRPへの近道であろう。
きんさんのNDDトライは見るからに難しそうだった。今日はコンディション(湿気)もよくなかったようだ。Mよっちは漁師の娘トライ、果敢な登りで次回はRPできそうだ。落ちることにも慣れてきたみたいですね。これからきっと強くなるよ〜。○べちゃんはワニワニトライ、2便目に1テンだったようで、最終便にRPの期待がかけられたが、2便目で体力の消耗があったようです。でも次回は確実にRPでしょう。
なんか最近、皆さん、シューズはミウラーが欲しいようです。
金のわらじ 07-07-2007
金のわらじをトライする私。

他の写真もじょじょにアップします。
カサメリ沢(10月8日)
いつものメンバ、きんさん、M代っちにプラクライマーさんが加わり、カサメリ沢へ。天気はすこぶるよいのだが、想像していたよりもかなり寒いのでびっくり。やはり最低でもフリースは必要であった。
今日は、前回の敗退が気になっていた金のわらじをやることにした。始めにぞうりむしを登りながらヌンチャクをかける。次に1回目のトライ、やはり核心で左上方のカチが取れない。4回くらいトライしてカチに触れたのは1回くらいか?その後、諦めて上へ抜けるのだが核心を通過後の3〜4手も悪い。2回目のトライではカチは取れるようになったのだが、かかりが完全ではなく、体を引き上げられない。3回目は殆ど回収便、明日のクライミングのこともあるので核心は数回のトライで切り上げる。きんさん、プラクライマーさんはゾウリムシをRP、11aではなく体感11bcくらいとのこと。M代っちも成果があったよう。カサメリは今年は多分今回最後だろうが、いい目標ができたので満足、また来年頑張ろう。

瑞垣山
夕陽に赤く染まる瑞牆山

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.