ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
NAC札幌(8月4日)
 学会出席のため2泊3日で久しぶりに札幌に来た。何年ぶりだろうか?2日目は自分の
発表が終わったので夜に札幌のジムに行く。東札幌によさげなジムが2つあるのは事前に調べでおいた。そのうち、まずはNAC札幌というジムを覗きに行ってみる。着いてびっくり壁の高さが結構ある。壁も岩場チックなおうとつやカチもある。壁の高さは10mあるそうだ。これは登ってみたくなった。1回100円のビレイチケットを買えばスタッフがビレイしてくれるという話なのでハーネスを借りてルートをやることにする。しかし実際にはスタッフの人がビレイしてくれる常連さんを見つけてくれた。I股さん(えーじさん)という方で、クライミング歴は1年と少しらしい。最近はかなり登りこんでるらしく、今日が38連荘目だという。そんな人初めてみました。

さて、ここのルートは10台でもムーブが面白く、実に岩場っぽいのである。パンプ2のような被った壁はないのだが、スラブもあってなかなかのものである。もうちょっと被った壁があったら完璧だ。
結局、全部トップロープですが、11a. 11b. 12aを含めて2時間で10本くらい登りました。
I股さんありがとうございました。

いつになるかわからないが、また札幌に来ることがあったらまた来よう。


岩場っぽいでしょ。


11bのルート、上部クラックがあり、左のカンテも使ってずりずり上がってく、もう岩場と同じだね。
本気トライ前のべからず集
 自分の限界グレードを引き上げようとすると、普段どおりの準備では全くお話にならないということが最近よくわかってきた。いまさらフィジカルな向上は短期間で望めないので体調管理及び準備こそが大事なのである。そういう意味で現在トライ中のルートでは、いい教訓をぞくぞくと体験している。自戒の念をこめてここにまとめてみた。
これはあくまで自分用である。若ものやクライミングセンスのある人には全く当てはまらないでしょう。

2日はレストすべし。
3日だとちょい長すぎるか?但し、あまりにやり過ぎると2日でも回復しないことがある。これで1回失敗した。

∩案は1分でもクライミングするな。
但し、3日以上空いている場合はいいかも?アップのつもりで前日簡単なものをジムで30分くらいやったら、2日前の疲労が抜けなくなり、だめだった。しかし、泊まりで岩場に行く場合は、2日目の方が調子がよい。一説では、岩場ではあまり食べないから体重が一時的に減るのだとか?睡眠も十分取れることは確か。

酒はあまり飲むな。
日曜だからと言って金曜夜にがんがん飲んだら土曜は二日酔い。日曜もおかげさまで調子悪かった。前日は禁酒が理想的だが、多くても氷結500くらいにせよ。以前、3日前くらいから禁酒したら体のキレがよくなったように感じだ。しかし、意志が弱くてなかなかできない

ど畸覆笋辰討覆ざ撻肇譴鮖呂瓩襪福
キャンパトレーニングを勧められてやったら(2日前)、筋肉痛が残ってしまって、だめだった。


逆にやった方がいいのはなんだろう。

.好肇譽奪 ---> いいような気がする。ガにがしやすくなる

∧筋 ---> 体幹コントロールがよくなるような気がする

A案に食物繊維をたくさん摂って、次の日の便通をよくする。
未だにこのコントロールはうまくいかない。逆に普段あまり歩いたりしない人は、クライミングをする日に限って便通が良くなるそうである。
すっきり出ないとホント調子悪い。

などなど、くらいしか思い浮かばない。最近あんまりRPしてないからね。





ミステリー本
 年末に読んだ本の紹介です。

前回の粘膜蜥蜴(とかげ)に引き続き読みました。こちらは正にスプラッターホラー小説ですね。ちと残念。”○こく”、とか”○゛っちょね”とかという言葉が妙に頭に残った。



古本屋で偶然手に入れました。洗練された文章、そして緻密な物語の構成と意表をつく結末。読んでてぞくぞくしました。これはお勧めです
最近は綾辻行人の推理小説を読んでいます。
お勧めの本
 クライミングとは全く関係ないですが、この文庫本面白いです
文春の2009ミステリーベスト10で一番安かったので買って読んでみました。すごい面白い。久々の衝撃
他に東野圭吾の新参者や、ダブルジョーカーやAnotherも読みたいんだけどなぁ

温泉&サウナ (7月13日)
 また行ってしまった。最近、はまりかけている。サウナ入って、温泉入って、最後にマッサージチェア。しめて1,100円也。予算が許せばリアルマッサージなんだけどなぁ〜。
あー、今日も気持ちよかった。
サウナ&温泉 (7月3日)
 近くのに行ってサウナにも入る。
サウナ&マッサージ (6月12日)
 さすがに腰が心配になってきたので、近くの温泉でサウナ&ボディマッサージ。
ランナウト(6月11日)
風邪が完全に治ったわけではなかったが、1時間だけランナウトでボルダーをやることにした。久しぶりのランナウトは、やはり狭くて圧迫感があった。混んでいるといろいろ気にしなくてはならなく大変だ。交通費がかからず近いのはいいんだけどね〜。
トロントでのジム (5/5,8)
またまた海外出張のついでにクライミングジムに行ってきました。ミーティングもあまり設定されなかったので、2回行っちゃいました。
5/5に行ったのはRock Oasisというクライミングジム、実は広そうで狭く、規模はPUMP1と同じくらいかな。ホテルから15分くらい歩いて行けました。トータル15$で通日登れますが、ボルダーを2時間ほどやって終了。グレーディングはちょっとあまいかな、やはり2級クラスになると登れない。
5/8はもっと広いところに行きたく、Climbing AcademyというジムにStreet Carで行きました。ここは広いです。去年ベルリンで行ったジムと同じくらいの広さかな。びっくりしたのはグリグリでビレイできないとクライミングエリアに入れないというルールがあること。どこぞのジムと全く正反対。確かにトップロープのエリアが多い(みんなグリグリが備え付けてある)のでグリグリの方が便利なのだが。。。グリグリはATCと違って絶対ロックされるから安全なんだとか??ボルダーしかやらないので、No make senseと言ってやったが、ルールだからやれ、と言われてやってみました。勿論数回だけではうまくいきません。その後、ボルダーをやる。エリアはかなりあるのだが、被ってない壁は終了点が高く、恐ろしかった。どっかぶりは最近の傾向で力のなさを痛感しました。出張疲れで2時間もたずに終了。16$でした。
両方のジムとも客はかなり入っていました。カナダではクライミングは人気スポーツなんですかね、外国のジムは登録料という訳のわかんない料金を取らないところがいいですね。明日は帰国です。

以下はClimbing Academyの写真
トロント ジム1

トロント ジム2

トロント ジム3
これはコンペのルートみたいで、写真は最後のどっ被り部分。12後半くらいありそうだった。

トロント 夜景2
ホテルからの夜景、なんかムードでるね。

復活への道
やっと28日金曜に退院することが決まった。手術後は鼻の重たい感じが全く無くなり、すーすー、めちゃめちゃ通る。鼻はさほどつまってないと思ってた手術前は(ポリープで)相当詰まっていたらしい。これで持久力があがんねーかな、と淡い期待を持ったが、ピークフローメータで肺機能を測ると手術前と殆ど変わってない。当たり前か。体重は、3Kg減り、肩や胸、後背筋も大分落ちてしまったようだ。鼻の奥の方を手術したので、あと一ヶ月は無理はできない。1月からは6,7分くらいで登れる課題をジムで登るしかないだろう。2月に全力モードで筋力アップをはかり、二子のような岩場復帰はうまくいって3月かな?大変そうだ。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.