ゴン助のどっかぶり日記

中年クライマーのクライミングに関する日記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
中里の岩場(11月12日)
FJさん、K田さん、ShuklaさんとShuklaさんの知り合いのT屋さんの合計5人で中里の岩場に行く。今日もターゲットはデジタルステップ12aである。しかし、今日は風が強く寒い。デジタルステップのある天狗岩南壁は、心配していた染み出しは全く無かったが、問題はここが風の通り道になっていることであった。コルになっている木立には猛烈な風が吹き抜ける。全くやる気がうせてしまう。理事長岩で10a,10dでアップの後、天狗岩に戻る。相変わらずすごい風だが、FJさんはやる気まんまんでアップがてらにヌンチャクもかけてしまった。岩の状態は少々冷たいが、核心のアンダーは全く濡れていないもよう。1便目:第一核心通過の後、2手目を取りにいくところで足が外れて、フォール。実はシューズを大分古くなったものから、ジム用のものに変えたのだが、ソールがつるつるなのだ。ちょっと気にはなっていたのだが、こういうことがあると元のシューズに変えたくなる。結局、岩場で使いこんだソールがざらざらになっているシューズに変えた。2便目:第一核心通過、最終クリップで足の位置が決まりにくかったのだが、キョンでクリップ。次にコルネガバ、次に右のガバに左手クロス、次に右手を出すと例の如くフラれる。ここでぐっとこらえて右足をヒールでなく、°つま先で掻きこんで最終ガバへ、なんとか止まった!!後はキョンで遠い最終ガバへ。やっと登ることができた。結構、声も出てしまった。あー、よかった、よかった。FJさんも第一核心通過後は全く問題ないもよう。K田さんもうっちゃり11aのムーブを固めていた。
今日もご一緒してくれた皆様ありがとうございました。
中里の紅葉
岩場付近の紅葉、もう終わりかけか
デジタルステップ第2核心
ふられても今日は止まったぜ
中里の岩場(10月29日)
FJさんと宿題をやりに中里の天狗岩に行く。当初天気が心配されたが、岩場につくと段々青空が広がり全然問題ない感じ。理事長岩のUp2本の後に、天狗岩に行ってみると宿題のデジタルステップは核心近くの2箇所が染みている。また上の核心コルネの濡れていて水が滴り落ちている。FJさんがヌンチャクをかけながら様子を見に行く。第一核心アンダーは少し湿っているが使えないほどではないようだ。自分の1便目、第1核心を越えて3手ほどで休もうとするが前回みたいにうまく休めない。足の位置が拾えなくばたばたしているうちに右手がパンプしてくる。慌てて上にクリップして第2核心に突っ込むが前回の最後のようにふられてしまいフォール。ここではもっと体を落としてから右手をださないと大きくふられてしまう。また右手もしっかりかかるところとかからないところを発見。その後は1テンで終了点へ。リップを取った後のワンムーブは疲れている時にやるとかなりきつくなりそうなので右足をキョンする形に変える。これはかなり楽。2便目最初で手順を間違え少し力を使ってしまう。しかし第1核心をこなし、第2核心に突入。振られはうまくコントロールできたが、ヒールの位置がうまく決まらずまた足ブラになってしまう。再度ヒールを決めようとするがうまくかからずそのうち力尽きてフォールしてしまう。3便目出だしはうまくムーブができたが、トラバースの部分で少しぱたぱたする。中間地点で休むが思ったほど回復してなかったらしく、第一核心の右手アンダーが途中で外れてしまう。その後1テンで抜ける。右足を置く位置が少し高かったのかもしれない。これもちゃんと意識して決めておかないと今回のようにミスしてしまうようだ。次回はいつもいい加減にやっているトラバースの手順と足位置もきちんと決めよう。FJさんは本日3便目で第一核心を越えた。その後に今日発見されてたキョンでうまくレストできればRPはかなり近くなるのではないかと思います。
乾きを待つ
乾きを待つ
中里付近の山々
岩場から朝の山々を望む
中里の岩場(10月17日)
FJさん、シュクラさんと休みをとって中里の岩場へ。今回も前回からの宿題をやる。果たして登れるのだろうか?
前回と同じルート2本でアップの後、宿題デジタルステップ12aをやる。
1便目:FJさんがアップがてらにヌンチャクを掛けたいというのでお願いした後のトライ。核心前半を越えてコルネを取るところでフォール。やはり、このガストンからのムーブは力を使い過ぎる。他のムーブを探るが結局わからないまま降りる。
2便目:先のFJさんのトライをみて、2手ほど左に進んでからコルネを取りにいくムーブに変える。するとクリップも下から入れられるし意外と楽、コルネからタナへも振られを止め、ハングの最後のリップを取るところまでいったのだが、やはり大分力を使ってしまったようでそこから体を引き上げられなかった。でもこのムーブはいけそうだ。
3便目:RP狙いの本気モードでいく。しかし、核心前半のムーブに入るところで足の位置を間違えてしまいバランスを崩しフォール。明らかにミスだ。降りてもう1便出すことにする。
4便目:核心前半を越えたところでもシェイクできる余裕ができてきた。いけるかもしれないと思ったが、コルネからタナをとるところでもろにふられてフォール。ここはもう少しスタティックにいかないとやられる。もしくはどこかにヒールをしないとならないかも。いずれにしてもかなりところどころで休めるようになってきた。次回はなんとか頑張りたい。
FJさんもデジタルステップを1テンまで追い込んでいた。シュクラさん、うっちゃり11a惜しかった。今日は日曜よりもかなり暖かくクライミング日和であった。紅葉も徐々に進んでいる。
デジタルステップ12a ふられ
ふられちまったよ 撮影:FJさん
中里の岩場(10月14日)
今日はFJBさん、TKさんと中里の岩場へ向かう。途中、二子近くから霧ががかかり不安がよぎる。県境のトンネルを越えても道は濡れており、雨もぱらついている。岩場に着いても状況は同じで小雨の中、岩自体は濡れていないので、まずは様子をみようということでアップを始める。
1. With 10a 再登
2. Wizard 10d FL 出だしがやはり少し悪い。
天狗岩南壁に移動
3. デジタルステップ 12a テン山
核心の通過で足が滑ってフォール。その後のムーブを探るが、左沿いに進んでも休めそうなところがなく、また足をしっかり置けるところもない。コルネに戻るのも大変。やはりコルネクリップからそのまま直上するしかないのか?すっきりしないまま降りる。
4. デジタルステップ 12a 多テン
これまでの核心は通過するが、先にトライしたFJBさんのムーブを真似て左縦カチをガストンで持ってコルネ右上ガバを取りにいくものの左のひきつけがあまくなってしまいガバをとり損ねる。本当の核心はこの辺から上なのかもしれない。疲れていると相当厳しい。
私もFJBさんもムーブを探るのに時間がかかり今日はここまでとなった。FJBさんはデジタルステップの核心ムーブを1便目で解決しトップアウトしていた。さすが。TKさんも半年ぶりとは思えない見事な登りを見せていた。
登り始めの小雨は午後には止み付近の山のガスも去っていた。少々寒かったが今日も楽しくクライミングができてよかった。

デジタルステップ12a
デジタルステップの核心部分前半
群馬エリア
群馬エリアの岩場を登るTKさん

デジタルステップ12a FJBさん
デジタルステップを登るFJBさん
中里の岩場
先週と同じメンバー、きんさん、M代っちさん、shuklaさんと十石峠かえる岩に向かう。がしかし、先週と同じくガスがかかり霧雨も降っている。今週こそいけると思ったのだが、また断念。先週と同じく中里の岩場に向かう。理事長岩右のWith(10a)と、新しくできた右端のセレナーデ(10a)でアップする。その後、場所を天狗岩南壁に移してデジタルステップ(12a)をトライする。このルートは最初は薄かぶり(?)から少しスラビーになり最後は被った岩を豪快に登って終わる、見ためかっこいいルート。1本目、緊張しつつヌンチャクをかけていく。4本目にクリップしたところから右にトラバースするのだが、手順がわからずテンション。細かいカチを使ってなんとかトラバースして残置ヌンチャクがある5本目にクリップ、しかし、ここからがわからない。何度か試行錯誤するが解決せず、チョンボ棒を使って先にヌンチャクをかけようとするが器具がうまく働かず断念。下まで降りる。残置ヌンチャクがある意味がわかるような気がした。2本目、4本目以降のトラバースで最後のガバホールドが取れずフォール。最後の方はもうちょっとムーブを洗練した方がよさそうだ。次に敗退した部分はコルネから右手をクロスして横カチをアンダーで持ち、左手をその先の横カチを持って左足を上げ、更に右足をひとつ上げ、また左足をもう一つ横に上げ、そこに乗り込んで左上方のコルネに左手を飛ばすことで解決(これもしかしてデジタルステップ?)。しかし、その後も気の抜けないホールドが続く。被った部分はそれほど悪くないのだが、下から通した時にはかなり苦しく感じるに違いない。一応、トップアウトしたのだが、どっかぶりに移る部分のムーブができていない。またそれとは別にコルネ左をいくラインもあるらしい。これも試す必要がある。いずれにしても今の私の実力では1日や2日で落とせるルートではない。最後に群馬エリアのもみじ(11d)をトライする。1箇所だけ悪い部分があり、その手前でテンション。きんさんのアドバイスでなんとか通過して終了。今日はあまり本数は登っていないのだが、やはり12台をやると疲れる。きんさんは難しそうな11aを2便で落とし今日も成果を出す。M代っちさん、shuklaさんも群馬エリアで成果を出す。今日も充実したクライミングができて感謝、感謝です。
中里の岩場(9月16日)
きんさん、M代っちさん、シュクラさんとかえる岩に向かうも霧で岩場が見えず、中里の岩場に変更。秋雨前線の長雨による影響で被ってないルートは濡れている。右奥の最近開拓されたルートは幸いにも濡れていないので、そちらを主に登る。

1. ジャスミン 10a OSm
2. シャレード 5.9 OS
2本とも短い。
3. WorkOut 10d 2本目でRP
1本目右の大きなカチホールドに惑わされてOS失敗。
4. MakeOut 11b OSm
のっこし後が濡れていた。危なかったかも。
5. I'm not dead 11b 多テン
中間からホールドが細かくなる。カンテへのヒールがポイントのよう。

途中、左奥の群馬エリア、天狗岩南壁に偵察に行く。12台は長くて面白そうであった。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.